5. 牛筋牛すね大根スープ

花椒、胡椒で味付けされた、あっさりとした台湾のスープ「牛筋牛すね大根スープ」。下処理のあとに、じっくりと2時間煮込み、とろとろ、やわらかい牛すじ肉の食感を楽しむことができます。ベトナムのフォーのように、米麺を加えてもおいしいですよ♪

6. 牛すじハンバーグ

牛すじ肉の煮汁もソースに使用した、牛すじ肉を余すことなく堪能できる「牛すじハンバーグ」。合挽き肉だけで作るよりも、旨味、そして肉汁をたくさん味わえるひと皿です。

7. 牛スジの塩コショウ炒め

下処理した牛すじ肉を、簡単に炒めて作る「牛スジの塩コショウ炒め」。ごはんのおかずに、そしてビールのおつまみにおすすめのひと皿です。味付けは塩コショウのみで、とてもシンプル。下処理が済んだ牛すじ肉をストックしておけば、パッと作ることができて便利なメニューです。

8. 白湯おでん

鶏ガラスープで煮る「白湯おでん」。牛すじ肉は下処理をしてからお鍋に入れましょう。ほかの具材は、海鮮からお肉、お野菜や練り物などお好きなものを入れてOK!シメにはたっぷり黒コショウをかけていただくラーメンがおすすめです♪

おいしくておやすい牛すじ肉を、もっと献立に

牛すじ肉は、ほかのお肉と比べてお安く売られている部位です。下処理が必要で調理に手間がかかりますが、ほかのお肉と同様のレシピに使うことができます。とろとろとした食感は、ほかのお肉では味わえない牛すじ肉独特のもの。 牛すじ肉を使えば、いつものお肉料理がもっと濃厚で、ジューシーに感じられるかもしれませんよ。コスパ最高の牛すじ肉を使って、献立をもっと豊かにしてみませんか?

特集

FEATURE CONTENTS