連載

「オイスターソース」とレンジで!時短&節約のササッと中華ランチ【調味料活用 vol.17】

家事や用事で忙しい平日のお昼ごはん。手間とお金をかけず、午後に向けてしっかりパワーを補給できるものを食べたいところです。そこで、ふだん家にあるものでサッと作れる「天津飯」と「もやしあんかけそば」をご紹介。オイスターソースと常備調味料で作れるので、明日のお昼にぜひお試しください!

2020年2月20日 更新

1つで味がキマる万能調味料

Photo by macaroni

オイスターソースは牡蠣を使って作られる調味料で、日本では「牡蠣油」とよばれることも。元々は広東料理で使用されていましたが、どんな料理にも使いやすく、今では多くのスーパーで手に入ります。 炒めもの、スープやあんかけなど、その使いみちは中華・広東料理だけにとどまりません。なんとなく味付けが物足りないとき、少しだけオイスターソースを入れると一気にコクと深みが増し、ごはんや麺が止まらないおかずが完成します。 これから料理を始めたい人や、料理をする機会が少ない一人暮らしの男性も、1本持っておきたい調味料です。

▼その他の調味料活用アイデアはこちら

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS