ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

意外とたくさんある!? サラダの種類

「サラダ」とひと口に言っても、たくさん種類があるって知っていますか? シーザーサラダやコブサラダ、最近人気のチョップドサラダなど、ちょっと考えるだけでもいろいろ思い浮かぶと思います。これらは全部ひとつひとつ特徴があり、発祥した国も違います。 たとえばチーズをたっぷりふりかけて、たまごを絡めていただくシーザーサラダはアメリカが発祥。赤と白のコントラストがきれいなカプレーゼはイタリア発祥なんですよ。それぞれの特徴や発祥を知ると、これからサラダライフをもっと楽しむヒントにもなるかもしれません。

アメリカ発祥のサラダ&レシピ

1. シーザーサラダ

特徴

いろんなシーンで食べることの多いシーザーサラダ。チーズの濃厚なコクや風味を楽しめ、満足感の高い味わいが特徴のサラダです。 基本の形はロメインレタスを主体に、フレンチドレッシングをかけて粉チーズをかけるというもの。わたしたちがよく目にするのはそこに半熟たまごとクルトンがのっているものかと思いますが、レシピによってはドレッシングにアンチョビを混ぜたり、ほかの野菜を加えてアレンジするのもの多くあるんですよ。

自慢の絶品! シーザーサラダ

カラフルな野菜にクルトンや焼きベーコンなど具だくさん! とってもボリューミーでパーティーなどにもピッタリなシーザーサラダです。ニンニクやアンチョビを混ぜた特製ドレッシングやチーズのコクがおいしさ満点、とろける半熟タマゴもたまりません。サラダだということも忘れて、たっぷり食べたくなるようなひと品です。

2. コブサラダ

特徴

ロバート・H・コブという人が作り出したといわれているのがコブサラダ。とってもボリュームたっぷりのサラダで、サイコロ状にカットした色とりどりの具材がゴロゴロ入っているのが特徴です。たまご、アボカド、トマトはマストの具材で、そこにチキンやキュウリなど、お好みの具材を入れて作るのがメジャー。ドレッシングに決まりはありませんが、フレンチドレッシングが多いみたいです。
Photos:13枚
細長い皿に盛った半熟タマゴをのせたシーザーサラダ
透明な器に盛りつけたシーザーサラダ、粉チーズや黒胡椒などをトッピング
トマト、アボカド、チキン、ゆでタマゴなどを1列ずつ並べて盛り付けた上にソースをかけたコブサラダ
チキンやアボカド、トマトなどにオーロラソースをかけたコブサラダ
ミックスビーンズとカマンベールチーズを使ったビーンズサラダ
7種の豆とリンゴ、パプリカ、コーンを使ったカラフルなビーンズサラダ
トマトモッツァレラチーズ、バジルを交互に重ねて盛り付けたカプレーゼ
トマトや大根、ベーコンなどをダイス状にカットし、マヨネーズなどで和えたチョップドサラダ
黒い器に入ったカラフルなチョップドサラダと木のスプーン
キャベツ、パプリカ、リンゴなどを入れたコールスローサラダ
キャベツ、にんじん、ベーコン、コーンで作ったコールスローサラダ、トッピングに黒胡椒
インゲン、エビなどで作ったサラダにたまごのすりおろしをふりかけたミモザサラダ
スナップエンドウを主体に作ったサラダにザルでこしたゆでたまごをふりかけ、ヨーグルトソースをかけたひと品
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS