9. おつまみにぴったり 牡蠣と砂肝のオイル煮

おつまみにピッタリなアヒージョ風の牡蠣と砂肝のオイル煮はお酒がすすみますよ。ジャガイモやエリンギ、菜の花などお野菜もたくさん入って食べ応えもあるひと品です。

10. バターの香りが食欲そそるバター香るふっくらカキとトマトの炊き込みご飯

バターの香りが食欲そそる、ふっくらカキとトマトの炊き込みご飯は洋風の味付けで新鮮なお味に仕上がっています。おもてなしやクリスマスなどのイベントの時のメニューとしてもおすすめですよ。

11. いろどりあざやか 鶏肉と牡蠣のアクアパッツァ風

白ワインでなく、日本酒を使ってつくる鶏肉と牡蠣のアクアパッツァ風は、ちょっぴり和風なお味に仕上がっています。15分程度でできるのもうれしいポイントです。

12. いつもの煮物をランクアップ 鶏と牡蠣の治部煮風

白だしで簡単に作れる鶏と牡蠣の治部煮風。いつもの煮物も牡蠣を入れるだけで豪華にランクアップしてくれますね。牡蠣は片栗粉をまぶすことでジューシーに身が縮まず炊くことができますよ。

13. 作り置きに にんにく香り牡蠣のオイル漬け

Photo by macaroni

作り置きにピッタリな牡蠣のオイル漬け。そのままはもちろん、パンと合わせたりパスタと絡めてペペロンチーノにするなどいろいろな方法でお使いいただけますよ。

冷凍牡蠣を使って一年中おいしい牡蠣料理を味わおう。

新鮮な生食用の牡蠣を食べられるのは、11月から2月の限られた時期のみ!その時期以外は、どうしても冷凍の牡蠣を使うことになるので、冷凍牡蠣の解凍の仕方や、おいしい調理方法を押さえておくと便利です。今年は旬の時季以外にも、冷凍牡蠣を使っておいしい牡蠣料理にチャレンジしてみませんか?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS