旬の「長芋」がメインおかずに変身!すぐマネしたくなるレシピ集

すり下ろしてとろろにしたり、そのままのシャキシャキ食感を味わったり、さまざまな楽しみ方ができる長芋。4~5月に収穫された「春掘り」と呼ばれる長芋は、土の中で熟成されるためうまみが凝縮。濃厚な味わいが特徴です。今回は「春掘り長芋」を使った、山芋が主役のおかずレシピ3品をご紹介します

2019年4月17日 更新

ライター : dressing

dressing(ドレッシング)は、食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案。食のセンスが磨けるグルメメディアです。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

春に収穫される長芋は、加熱料理がオススメ!

すり下ろしてとろろにしたり、そのままのシャキシャキ食感を味わったり、さまざまな楽しみ方ができる長芋。長芋の旬は、秋と春の2回。 11~12月に収穫された長芋は「秋掘り」と呼ばれ、アクが少なく、ひげ根を取れば皮ごと食べられるのが特徴で、生で食べるとおいしい。
一方、4~5月に収穫された「春掘り」と呼ばれる長芋は、土の中で熟成されるためうまみが凝縮。甘みとコクがあり、濃厚な味わいが特徴なので、加熱調理で味わうのがオススメ。 「山のうなぎ」とも呼ばれる長芋は、消化酵素やビタミン、カリウムなどが含まれ、消化促進や疲労回復、美肌効果も期待できる栄養豊富な食品。 今回は「春掘り長芋」を使って、山芋が主役のおかずレシピ3品をご紹介。それぞれのレシピで、長芋特有の食感を楽しもう!

厚切りでホクホク食感が絶品「長芋の豚バラ巻きステーキ」

長芋を厚切りにして豚バラ肉を巻いた「長芋の豚バラ巻きステーキ」のレシピを紹介する。 厚めの輪切りにしてレンジ加熱をしてからフライパンで焼くことで、長芋のほっくりとした食感が際立つ。コクのある春掘り長芋と豚バラ肉の組み合わせが絶品だ。

材料 (2人分)

・長芋 … 12cm ・ニンニク … 1かけ ・豚バラ薄切り肉 … 6枚 ・片栗粉 … 適量 ・オリーブオイル … 大さじ1 ・[A]醤油 … 大さじ1 ・[A]みりん … 大さじ1 ・[A]レモン汁 … 大さじ1/2 ・塩、コショウ … 適量 ・クレソン … 適量

作り方(調理時間:30分)

① 長芋は皮をむき、2cm幅の輪切りにする。耐熱容器に入れてふんわりラップをし、600Wの電子レンジで3分加熱する。ニンニクは薄切りにする。
② まな板に豚バラ薄切り肉を1枚広げ、山芋を巻いて片栗粉をまぶす。あとの5枚分も同じように繰り返す。 ③ フライパンにオリーブオイルを引いて中火で熱し、ニンニクを加えて香りが立ったら、②を豚バラ肉のとじ目が下になるように並べて焼き色がつくまで3分焼く。裏返して蓋をし、さらに3分焼く。 ④ キッチンペーパーで余分な油を拭き取り、Aを加えて絡めながら2分ほど煮詰め、塩、コショウをふる。 ⑤ 器に盛り、クレソンを添える。

角切りとすりおろし、2種類の食感が楽しめる「長芋のグラタン」

角切りとすりおろしの異なる食感の長芋を合わせた「長芋のグラタン」のレシピ。 すりおろした長芋はホワイトソース代わりになるため、小麦粉を使わずにとろみづけができる。とろろソースに角切りの長芋も加えることで違った食感も楽しめる。 散らしたレモンの果肉を途中でかじりながら食べると酸味がプラスされ、さわやかなアクセントに。

材料 (2人分)

・長芋 … 300g ・タマネギ … 1/4個 ・アスパラ … 5本 ・パセリ … 適量 ・バター … 10g ・むきエビ … 8尾 ・卵 … 1個 ・[A]牛乳 … 100ml ・[A]顆粒コンソメ … 小さじ1/2 ・[A]塩、コショウ … 適量 ・ミックスチーズ … 30g ・レモン(いちょう切り) … 適量

特集

FEATURE CONTENTS