キャンプ初心者さんも安心!ピザの作り方を3ステップで解説

キャンプでピザを本格的に焼く人が、増えてきてるようですね。そこで今回は、生地作りにトッピング、アウトドアで焼く方法の3ステップで、ピザの作り方を徹底解説していきます。キャンプ初心者の方でも楽しめるように、オススメのキャンプ調理器具もあわせてご紹介しますよ♪

2019年4月30日 更新

初心者でも大丈夫♪ キャンプで簡単ピザ作り!

キャンプでピザを焼く方法は3パターンあります。本格的なピザに挑戦したいなら、アウトドア用のコンパクトピザ窯がおすすめです。小型ながらも高温で一気に焼きあげるので、石窯で焼くように外はパリッ、中はもっちりな仕上がりになります。

ピザ以外にもいろいろな料理を楽しみたいなら、ダッチオーブンがおすすめです。こちらも石窯なみの火力で焼くことができるうえ、グリルや煮込み料理、ケーキなどいろいろと活用できます。

わざわざ特別な調理器具を用意するのが大変なら、ご家庭にあるスキレットやフライパンでもOK。時間はかかりますが、おいしく焼けますよ♪

1. ピザ生地の作り方

材料(約25cmの生地4枚分)

・強力粉……225g
・薄力粉……225g
・インスタントドライイースト……小さじ1/3杯
・塩……小さじ1杯
・水……30cc

作り方

1. 生地をねる

ボウルに粉類を入れたら真ん中に指でくぼみを作り、水を注ぎます。水が粉全体にいきわたるようにまぜながら、ひとまとまりになるようにこねてください。

水がなじんでまとまってきたら、打ち粉をしいたまな板などに移しましょう。手首に体重をかけるような感じで力を込めて生地をねっては、板に打ち付けていきます。

ねっては打ち付けるという作業を15分~20分ほどくり返すことが、弾力のあるもちもちの生地に仕上げるポイントです。

2. 一次発酵・ガス抜き

ボウルに生地を移し、清潔な濡れふきんなどをかぶせてラップをかけたら、常温で発酵させます。約2倍の大きさにふくらみ、真ん中に指をさして開けた穴がふさがらずに残れば発酵完了です。

時間の目安は、春から夏にかけては1時間前後で、秋から冬にかけては2時間前後。十分に発酵したら両手のひらを軽く押し付けてガスを抜きましょう。

3. 分割・二次発酵

生地をまな板に戻し、包丁やスクレイパーなどで4等分して丸めたら、ふたたびボウルに移します。ぬれふきんとラップをかけ、春~夏は10分、秋~冬は20分ほど二次発酵させてください。生地を指でつまんでのばしてみて、薄く広がったらOKです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう