ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

材料たった2つのお助けレシピが集合!

「冷蔵庫に何もない……!」ってこと、たまにありませんか?買い物に行くにも時間がないし、できればあるもので晩ごはんを仕上げたい。 そんなときでもパパッと作れる、材料たった2つのレシピを集めてみました。 材料が少なくても調味料や調理法を工夫すれば、ごはんがすすむボリューム満点なおかずができますよ♪

1. 食べ応え抜群。ピリ辛肉巻き新たま

Photo by macaroni

【使う食材】新玉ねぎ×豚バラ肉

春になるとスーパーに出回る新玉ねぎ。サラダでも食べられるほどの甘さと肉厚さが人気です。豚肉で巻いてじっくりと焼けば、豚の油と旨みをまとってさらに甘さもアップ♪ 辛さはコチュジャンの量で調整してくださいね。新玉ねぎではなく普通の玉ねぎでもおいしくできますよ。 ジューシーな玉ねぎの甘さと豚肉の香ばしさに、ごはんを食べる手がが止まりません!

2. レンジで簡単。しっとりおいしいキムチしょうが焼き

Photo by macaroni

【使う食材】豚ロース肉×キムチ

豚肉とキムチの相性はすでに誰もが知るところですよね。豚ロースにキムチを合わせて、ちょっぴり大人味に仕上げれば、ごはんのおかわり必須のおかずができちゃいます。 キムチはシャキシャキ食感とともに、ピリ辛な調味料の役目も果たしているんです。お肉は加熱しすぎると固くパサつきがちですが、レンジで加熱してそのまま少し時間を置くことで、余熱でじんわり火を通せばしっとりと仕上がりますよ♪

3. レンジでこくうま。手羽中と長ねぎの甘辛煮

Photo by macaroni

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS