ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

夕食メニューが決まらないときはコレ!

今晩はなにを食べよう?毎日のようにごはんを作って食べていると、そろそろお料理のレパートリーにも限界が...... だからといって、同じようなものは食べたくないというのが本音ですよね。夕食のメニューが決まらないとき、まずは3つのヒントを参考に考えてみましょう!

1. メイン食材と調理法を選ぶ

お肉、お魚、お野菜のなかから、どんな食材をメインに持ってくるのか、もしくは冷蔵庫にある食材のなかでメインになるものはなんなのかを考えます。次には、その食材を使い、焼く、揚げる、蒸すなど、どんな調理方法が食材にとってベストなのかを考えてみましょう! メインが決まると、そこからどんな副菜や汁物がいいのか、献立全体のバランスを考えやすくなります。

2. 定番メニューや単品料理に頼る

みなさんは、自分の夕飯の定番のメニューはありますか?カレーや丼物、餃子、オムライスなどメインや主食になるもの、これがあればお腹がいっぱいになるというものがあれば、献立を決めるのはかんたんになります。 特に丼物は、おかずとごはんが一緒になっているので、あとは副菜、汁物を決めるだけの便利なメニューです。また、パスタやうどん、おそばなどもそれだけでお腹がいっぱいになるメニュー。一緒に食べるもの、つけ合わせるものが決まっているので、準備に困ることがありません。

3. 栄養バランスから考える

栄養バランスはあまり厳密は考えないという人も多くいます。1日で栄養のバランスを取ろうとするよりも、1週間という長い期間を通して栄養のバランスを考えれば、気楽に献立を決めることができます。 もし、栄養バランスを考えた献立を作る場合には、まずはメインになるタンパク質(お肉やお魚、卵など)とお野菜を使ったメニューを決めて、それらをどんな調味料を使って、どんな味にするのか、それに合う汁物は?といったサイドのメニューを考えると、味や見た目のマンネリを防ぐ献立を作ることができます。

定番料理レシピ5選

1. 包まないから手間いらず!棒餃子

Photo by macaroni

包む作業に時間がかかってしまう餃子。しかし、この包まない棒餃子なら、袋で混ぜた肉あんを餃子の皮の上に搾り出すだけ!かんたんにできるので、夕飯のメニューに困っているときにもささっと作ることができる時短メニューです♪

2. 海鮮でもお肉でも!ふわふわ生地のお好み焼き

Photo by macaroni

単品でも、ごはんのおかずとしても楽しめるお好み焼き。フライパン調理でも、ホットプレートを大人数で囲んでもおいしく作ることができるメニューです。擦り下ろした長いもを加えれば、生地がふわふわに!海鮮の具材もお肉もおいしく調理できるお料理です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS