作るときのコツ

今回ご紹介した親子丼は、白だしの味をいかしたやさしい味付けです。鶏もも肉の下ごしらえを丁寧にすることが、おいしく作るためのポイント。鶏もも肉の、余分な皮、脂、筋を取り除くことで、煮汁に鶏もも肉の臭みや雑味が出ずに、上品な味わいに仕上がりますよ。

白だし以外で!親子丼のおすすめレシピ5選

1. 王道のおいしさ!ふわとろ卵の親子丼

Photo by macaroni

親子丼の基本レシピをしっかりとマスターしたい方は、こちらのレシピがぴったりです。鶏もも肉と玉ねぎを、お醤油、みりんなどが入った合わせ出汁で煮て、卵でふんわりととじます。ジューシーな鶏もも肉と、ふんわりたまごの王道コンビは、間違いないおいしさですね♪

2. レンジで作る親子丼定食

Photo by macaroni

忙しいときや疲れているときは、こちらのレシピの力を借りましょう!親子丼、たたききゅうりの塩昆布和え、かぼちゃのしょうがみそ汁。この3品が、調理時間30分で作れるレシピです。親子丼は、なんと火を使わずにレンジで調理できますよ♪

3. ふわふわ卵&照り焼きチキンの親子丼

Photo by macaroni

親子丼の材料とほぼ同じものを使って、新しい親子丼を作ってみませんか?甘辛く味付けした照り焼きチキンと、ふわふわの半熟卵をごはんにのせた丼ぶりです。こんがりと焼けたこうばしい香りと、ジューシーな鶏もも肉が食欲をそそり、ごはんをモリモリ食べられますよ。

4. トマトとチーズのイタリアン親子丼

Photo by macaroni

とろ~りとろけたチーズと、ふわふわな半熟卵の組み合わせたら……魅惑のふわとろ食感の親子丼ができました!トマトの酸味のおかげで、ボリュームはありますがあと味はさっぱりと食べられます。ひと口食べると、そのおいしさのとりこになりそう♪

5. パクチーとナンプラーのエスニック親子丼

合わせ出汁にはナンプラーを入れ、ごはんには刻んだパクチーを混ぜ合わせています。ナンプラーの独特な香りとコク、パクチーの爽やかな香りで、親子丼がグッとエスニックな味わいになりますよ。新しい親子丼のおいしさを、ぜひ味わってみて♪

編集部のおすすめ