2. スパイシーな鶏むね肉のカレー唐揚げ

胸肉を使った、ヘルシーで食欲をそそる唐揚げ。口に入れた瞬間、カレーのスパイシーな風味がふわっと口に広がります。皮を除いて、よりヘルシーにアレンジも可能です。いつもと違った味の唐揚げが食べたいときや、ビールのおつまみにもピッタリのメニューです!

3. 鶏ささみのコンソメスティック唐揚げ

脂肪分やカロリーの少ない、ささみを使ったレシピ。ステッィク状で食べやすく、冷めてもおいしいのでお弁当にもピッタリですよ。ダイエット中や、筋肉をつけたいときにオススメのメニューです!

ダイエット中の唐揚げの食べ方

ダイエット中でも唐揚げを食べたい!そんな方へ、唐揚げを食べる際に気をつけるポイントを3つご紹介します。

食べ合わせ

ダイエット中だけでなく、普段から糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。 唐揚げにはたんぱく質や脂質は含まれますが、不足するビタミン、ミネラル、食物繊維は豆や野菜、海藻やきのこなどから副菜として、炭水化物はごはんなど主食から摂るようにしましょう。食物繊維には、脂肪の吸収を抑制する働きがあります。(※7)揚げ物の付け合わせの定番であるキャベツの千切りも、食物繊維が豊富でオススメです。 主食・主菜・副菜を一緒に摂ることで、食事全体のバランスが整い、唐揚げだけ食べすぎてカロリーオーバーになることも防ぎやすくなります。

よく噛んで食べる

なるべく、口に入れたら毎回20~30回噛むようにしましょう。咀嚼によって大量の唾液が分泌されることで、満腹感を得ることができ、食べすぎを防ぐことが期待できます。(※8)ひと口ずつ箸を置くというのも、ひとつの手ですね。

食べる時間帯

唐揚げは、飲み会や夕食に食べることが多いと思いますが、体脂肪に変えないようにすることを考えると、お昼に食べるのが理想的です。 活動的な日中とは異なり、夜は食後に消費するエネルギーが少くなります。高カロリーな食事を取るとエネルギーが余り、脂肪として蓄積されやすくなるのです。(※9)どうしても食べるのが夜になってしまう場合は、寝る3時間前までに食べるようにしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ