3. チーズを溶かします

Photo by muccipurin

小鍋に白ワインを入れ、沸騰したら★を入れてかき混ぜながら溶かします。 白ワインはアルコール分が飛ぶので、子どもやお酒が嫌いな方でも安心して食べられます。気になるようであれば牛乳で代用してください。 チーズが溶けて全体がなめらかになったら完成です。チーズが溶けているうちに次の行程に進みましょう! もう少し手間を省きたい場合は、ごはんにそのままとろけるチーズをのせて、レンジでチンすればOKです。

いよいよ仕上げます!

Photo by muccipurin

炊いておいたほうじ茶ごはんをよそい、豆腐の煮汁をかけます。 その上にチーズとろりとかけます。すでにおいしそうです!

Photo by muccipurin

豆腐をのせ、空いたスペースに温泉卵を静かに落として……「チーズとうめし」の完成です。 見るからにおいしそうですね。早く温泉卵を割りたいし、とろけるチーズをスプーンですくいたい!

いただきますっ!

Photo by muccipurin

念願の温泉卵ぱかんが「いただきます」の号令です! まずはとうふから味見してみましょう。短時間で煮込んだ割に、豆腐にしっかりと味が付いていて、本当にごはんが進みます。今回はもめん豆腐を使ったので、かなりしっかりとした食感ですが、好みで絹ごし豆腐を使ってみてもいいですね。 使った調味料はオイスターソースとめんつゆだけなのに、奥深い味に仕上がっています。

Photo by muccipurin

続いて、豆腐とごはんに卵とチーズをたっぷりと絡めてひと口。 うーん、想像よりずっとまろやかでおいしい!チーズのほどよい塩気とコクがプラスされて、とうめしが一瞬で洋風味にチェンジ!卵のまろやかさが全体を包んで、まさに至福の一杯です。

とうめし×とろりチーズは無敵!

Photo by muccipurin

すでに完成された味だったとうめしに、とろりととろけるチーズ。ダメ押しの温泉卵でさらにパワーアップしたとうめしは、一膳で大満足の新感覚どんぶりになりました。 豆腐でヘルシーなところに、チーズと温泉卵をプラスした、明らかに “極悪飯” 的な香りがした「チーズとうめし」。その背徳感が、さらにおいしく食べるためのスパイスになるんです。 ここまで読んでいるあなた「豆腐を崩してチーズに絡めてかき込みたい」と思ったでしょう。すぐできるレシピなので、さっそく今日の夕ご飯にいかがでしょう♪

特集

FEATURE CONTENTS