ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

青ネギの刻み方と保存方法

青ネギの刻み方

1. 事前にまな板や包丁の水分をふき取る

青ネギを刻むときは、事前にまな板や包丁の水気をふき取っておくのがベター。こうすることで、刻んだネギを保存するときに傷みづらくなります。「青ネギの保存に水分は大敵」と覚えておきましょう!

2. 輪ゴムで束ねてカットする

ばらつきがちな青ネギは、輪ゴムで束ねて端から切っていくのがおすすめ!まずは青ネギ数本をとり、2、3等分にカットします。カットしたネギをそろえてから輪ゴムでとめ、端から小口切りに。

少量だけ使う場合はキッチンばさみを利用しても

少量だけ使う場合は、キッチンばさみを利用すると便利ですよ。包丁でカットする場合と同じ要領で、OK!はさみを使う場合も、水分や汚れに注意しましょう。

刻んだ青ネギの冷蔵保存方法

刻んだ青ネギを保存する場合は、保存容器の底にキッチンペーパーをしいてからネギを移し、密閉します。ペーパーがぬれてきたら、新しいものに取り替えるようにすると、より長持ちします。 もちろん、すぐに使い切る場合はキッチンペーパーをしかなくても大丈夫です。カットしたあと、残ったネギの匂いが気になる方は、ラップで包んでから密閉袋や密閉容器に入れるとよいでしょう。こうすることで、匂いをシャットアウトしてくれます。

刻んだ青ネギの冷凍保存方法

刻んだ青ネギは冷凍保存も可能!カットした青ネギをラップで包むか、密閉袋に入れて冷凍庫へ入れます。素早く冷凍するほど鮮度を保ちやすいので、熱伝導率が高い金属トレーの上にのせて冷凍すると吉! 保存袋を使う場合は、保存した日にちを書いておくと便利です。こうすると後で確認しやすく、使いそびれるのを避けることができます。1回分に小分けして冷凍し、凍ったものをまとめて保存袋に入れておけば、さらに便利ですよ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS