カサゴの刺身の作り方。味の特徴や炙りアレンジも!

今回は、冬から春にかけて旬を迎える魚「カサゴ」の旬や刺身の作り方、お刺身にして食べるときの注意点などをご紹介します。カサゴは見た目のインパクトが強い魚ですが、その見た目とは裏腹にコリコリとした食感で白身魚のなかでも食べやすいと人気の魚です。

2019年2月25日 更新

カサゴの刺身の基礎知識

刺身の旬

カサゴは日本各地で獲れる磯魚で旬は獲れる地方によって諸説あるようです。一般的には12月頃から3月くらいの初春が旬と言われています。一方で産卵を控え栄養を蓄える初夏から冬といういう説もあるようです。

カサゴは一年を通して水揚げがあるので季節を問はずおいしくいただけます。

味と食感

独特な風貌ですが、身はプリプリとした歯ごたえのある白身で脂がのった肉質です。鼻から磯の香りが抜けるのが特徴で、わざわざ釣りに行くほどファンも多いほど。

獲れたてよりも数日寝かせて食べると旨みが増すのも特徴です。三枚におろしたカサゴに軽く塩を振り冷蔵庫で寝かせ余分な水分を出すことで旨みが凝縮されさらにおいしくなります。

刺身におすすめのサイズ

カサゴのサイズは10cmから30cmくらいが一般的です。お刺身で食べるのであれば最低でも25cmくらいあるものが適当です。

それ以下のサイズのものだと身の部分が少ないので、煮付けや唐揚げ、アクアパッツアな丸ごと調理できるようなものが向いています。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう