寄生虫には要注意!ホウボウの特徴&刺身の作り方

四角く角ばった頭にコバルトブルーの胸鰭が特徴の「ホウボウ」はお刺身にすると絶品のお魚です。最近ではお魚屋さんでも見かけるようになりましたが、まだ食べたことのない方に!ホウボウのお刺身の作り方や、食べてしまうと危険な寄生虫についてもご紹介します。

2019年2月25日 更新

ホウボウの刺身の基礎知識

味と食感

ホウボウは白身の魚で、身に旨みや甘みがあり濃厚な味わいなのが特徴です。食感はほどよくやわらかく、しっとりとしています。高級魚である鯛やふぐなどと比べても引けをとらないおいしさで、かつては高級魚として扱われていました。

今ではお魚屋さんでも目にするようになりましたが、鮮度が高いほど身に透明感があり絶品と言われています。調理法は、お刺身のほかにも、煮付け、唐揚げ、アクアパッツアなどがおいしくいただけます。

刺身の旬

ホウボウは青森・新潟などの日本海側、島根・鳥取などの山陰、そして九州を中心に分布し一年を通して獲れる魚ですが、もっともおいしくなる旬の時期は12月から2月の産卵期で一番脂がのっていておいしくなります。

ホウボウの刺身の作り方

ホウボウはウロコが多い魚ですので、頭から尾に向けて丁寧にウロコを取ります。腹ビレの下側から包丁で切り込みを入れ、次に胸ビレの下に切り込みをいれます。反対側の胸ビレも同様にし、頭を切り落とします。腹に切り込みを入れて内臓を取り除きます。最後に、中骨主骨に付着している血わたを歯ブラシで取り除きます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう