ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

刺身の盛り付けに向いている皿の種類は?

刺身を盛り付ける皿の形は、使いやすい丸皿や角皿、楕円皿のほか、ユニークな形をしている変形皿もおすすめ。刺身パックより大きめの皿を選べば、盛り付けたときに余白ができて上品な雰囲気に仕上がります。

皿の色は刺身の色とかぶらないものを選びましょう。赤身には赤以外の白、緑、青、黒などの皿を、白身には白が際立つ濃い色の皿が合います。

控えめな柄や無地の皿だと彩り豊かな刺身のうつくしさが映え、柄や色が派手な皿だと豪華に見えます。ガラス皿だと涼やかな印象になるので、食べるシーンや季節に合わせて皿を選ぶのも重要ですね。

刺身の盛り合わせを盛り付ける場合

Photo by Uli

1. つまと刺身を分ける

Photo by Uli

刺身パックの底にある大根のつまを取り出し、ザルにあげてさっと水で洗って水気を切ります。刺身は並べられている状態のまま大葉といっしょに取り出し、まな板に並べておきます。

2. 皿の左奥に盛り付ける

Photo by Uli

皿の左奥に大根のつまを多めにのせ、大葉ごと刺身を盛り付けます。最初に盛り付ける刺身は濃い色のまぐろがおすすめです。刺身を1枚ずつ盛り付ける場合は、右奥から左手前へ流れるように重ねます。

3. ななめ下左右に盛り付ける

Photo by Uli

左奥がいちばん高くなるよう、まぐろのななめ下左右に、大根のつまをややすくなめに盛ります。2種類の刺身を大葉ごと盛り付けます。隣り合う刺身同士の色がかぶらないよう、色のコントラストを考えて刺身の種類を選びます。

4. 皿の中央に盛り付ける

Photo by Uli

皿の中央に大根のつまをすくなめに盛り、大葉ごと刺身を盛り付けます。色鮮やかな刺身を皿の中央に盛ると、盛り付け全体が華やかに見えやすいです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ