とろっと食感と甘さがおいしい。おすすめ長ねぎレシピ5選

編集部公認のクリエーターチーム「macaroniレシピ部」が考案したレシピから、長ねぎを使った料理を厳選5品ご紹介します。旬の時期には、特に甘みが増してとろっと食感がたまりません。薬味を始め、煮たり焼いたり、長ねぎのおいしさを引き出すレシピばかりですよ。

2019年1月30日 更新

1. 作り置きが便利!長ねぎの南蛮漬け

長ねぎをこんがり焼き、甘酢に浸けたシンプルな南蛮漬け。しっかり焼き目をつけることで焦げの旨みも足され、より深い味わいになります。出来たてもいいですが、ひと晩漬け込むとより味が染みておいしくなりますよ。

多めに作り置きしておけば、食卓にもう1品欲しいとき便利です。

2. 甘辛こってり味。長ねぎの肉巻き

長ネギに薄切りの豚バラ肉を巻き、ひと口大にカットしてジューシーに焼いた肉巻きレシピ。みりん、砂糖、醤油などを使った甘辛い味つけですが、お酢を少量加えているのでさっぱりな仕上がりに。

フライパンに入れる時にお肉の巻き終わりを下にして入れると、はがれることなくきれいに焼けますよ。

3. ごま油の香りがふわり。香ばしねぎとなすの中華風マリネ

みじん切りにした長ねぎをレンジで加熱し、輪切りにした焼きなすと一緒に器に盛ります。ごま油としらすを熱し、熱々の状態でジュッとかければ完成。

ごま油と長ねぎの香りが強く食欲をそそるひと品。ごま油で熱したあとに醤油を入れるので、香ばしい香りが広がります。

4. トーストアレンジに新提案!ねぎまみれトースト

フライパンで長ねぎを蒸し焼きにします。その間にトースターでベーコンチーズトーストを焼き、最後にフライパンへかぶせ入れれば完成。長ねぎを蒸し焼きにすることで焼き色が均一になり、とろっと甘い味わいが増します。

お好みで最後にブラックペッパーをかければ、ピリッとした辛みがアクセントになりますよ。

5. パリポリッと箸休め。きゅうりのねぎまみれ

長ねぎをみじん切りにし、鶏がらスープの素、にんにく、ごま油などで味つけします。塩で板ずりしたきゅうりと和えれば、あっという間に完成の簡単おつまみレシピ。

ねぎだれには、レモンが入っているので爽やかな味わいに。お好みでサラダチキンなどを加えると食べ応えのある副菜に仕上がります。

アレンジ次第でいろんなレシピに変身

みじん切りにすれば名脇役となり、ごろごろぶつ切りにすれば主役にもなる長ねぎ。生のままで強い風味を楽しんだり、加熱して甘みを味わったり、色んなバリエーションを楽しめます。

寒い時期には、鍋や煮物などでクツクツ煮込むのもおすすめですよ。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroniレシピ部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう