この発想はなかった!チーズとろける「ハットグ恵方巻」のレシピ

2月3日の節分に欠かせない恵方巻。無言で恵方巻を食べ、一年の無病息災を願います。今年の恵方巻は手作りの「ハットグ恵方巻」にチャレンジしてみませんか?揚げたてを頬張れば、溶けたチーズがびよーんと伸び、食べた人皆に笑顔が広がります♪

2019年1月24日 更新

今年の節分は変わりダネで攻める!

2本のハットグ恵方巻

Photo by muccinpurin

2018年に韓国から上陸して大ブームを巻き起こした「ハットグ」。

揚げたてのホットドッグからとろりと伸びるチーズは、フォトジェニックかつ安定したおいしさで、瞬く間にファンを増やしていきました。

今回は、節分には欠かせない恵方巻をハットグ風にアレンジ。揚げたてのアツアツを召し上がれ♪

「ハットグ恵方巻」の作り方

材料(4本分)

・ごはん……4膳分
・海苔……4枚(海苔巻のサイズに合わせてカットしてください)
・チーズ……4本(今回はさけるチーズを使用)
☆粉チーズ……大さじ4
☆顆粒コンソメ……小さじ2
☆塩こしょう……少々
・溶き卵……少々
・パン粉……適量
・フレンチマスタード……適量
・ケチャップ……適量
・パセリ(みじん切り)……適量
・揚げ油……適量

1. ごはんを準備します

ごはんに調味料を混ぜる

Photo by muccinpurin

ごはんに粉チーズ、顆粒コンソメ、塩こしょうを混ぜて味をつけます。

冷ごはんだと味がなじみにくいので、軽く温めておきます。余ったごはんでももちろんOKですが、恵方巻のために炊く場合は水加減を少なめにしてください。


ごはんに味をつけたいときはここで混ぜ込んでください。カレー粉やケチャップがおすすめです。

2. ごはんでチーズを包みます

ごはんを巻きすに広げてチーズをのせる

Photo by muccinpurin

巻きすにラップを敷きチーズの長さより1cmほど大きくごはんを広げます。(ごはんを4等分しておきます)

中心にチーズをのせ、ごはんで巻きます。ラップの両端をねじってチーズがはみ出ないように包みます。ラップをはがして海苔を巻きます。

溶き卵とパン粉をまんべんなくつけ、160度の油で転がしながら全体にこんがりと色が付くまで揚げます。油の温度が高すぎるとチーズが溶ける前に衣に色が付いてしまうので、必ず低温でじっくり揚げてくださいね。

4. ケチャップとマスタードをかけて完成です!

ケチャップとマスタードをかけたハットグ恵方巻

Photo by muccinpurin

ケチャップとお好みでフレンチマスタードをかけ、パセリを散らして完成です。

チーズが溶けている熱いうちに召し上がれ♪ やけどには注意してくださいね。

おいしく食べるなら絶対に揚げたてで!

チーズが流れ出すハットグ恵方巻

Photo by muccinpurin

揚げたてを頬張れば、溶けたチーズがびよーんと伸びます!

チーズは冷めると固まるので、揚げる前の段階まで準備しておいて、揚げたてを食べるようにしてくださいね。

サイドからチーズが顔を出していると油に溶け出してしまうので、ごはんでしっかりとチーズを隠すようにしてください。

味も見た目もインパクト抜群

チーズが流れ出すハットグ恵方巻

Photo by muccinpurin

さけるチーズのフレーバーを変えたり、ごはんにカレーやミートソース、パセリで風味をつけたりと、アレンジは無限大!

揚げたてのアツアツを頬張れば、自然と笑顔がこぼれる変わり恵方巻。ビジュアルのインパクトはもちろん、楽しくおいしい恵方巻で、無病息災を願いましょう♪

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう