空前の大ブーム!韓国風「チーズアメリカンドッグ」の作り方

SNSや新大久保で話題のチーズアメリカンドッグ(チーズハットグ)。のび〜るチーズのインパクトに食べてみたい方も多いはず。インパクトだけではない、試して欲しい!やみつき注意報発令の絶品チーズハットグのレシピと生地の人気アレンジをご紹介します。

話題のチーズ入りアメリカンドッグの人気がすごすぎる!

食べ始めたチーズアメリカンドッグのチーズが切れずにのびている。

Photo by MARI_kitchen

ブームの火付け役は韓国の「チーズハットグ」

今年の夏に日本初上陸し、未だブームが加速し続ける「チーズハットグ」。一見、アメリカンドッグと思いきや、ひと口食べるとまったくの別物♪ 韓国式アメリカンドッグです。ソーセージが入った軽食のイメージが強いアメリカンドッグに比べ、サクサクのパン粉と仕上げにたっぷりのグラニュー糖にケチャップとハニーマスタードがトッピングされているんです。

ひと口食べると、どこまでものびるチーズがインパクト大!新大久保では、このチーズハットグの専門店に連日大行列がなされています。でも「食べに行けない…」という人のためにレシピをご紹介しましょう!
▼人気店も日本上陸!

韓国風チーズアメリカンドッグの作り方

器にでき上がったチーズアメリカンドッグが2本。1つの先を掴んでチーズが伸びる様子。

Photo by MARI_kitchen

料理が苦手でも大丈夫。お友達と集まって賑やかにもホームパーティーにも……いやいや自分のためにも作っちゃおう♪ 今回は、macaroni読者の皆さんに 本当は秘密にしたかったレシピをご紹介しちゃいます。

材料(8本分)

それぞれボウルやトレーに入った材料と割り箸にささったモッツァレラチーズ。

Photo by MARI_kitchen

・モッツァレラチーズ……400g
A薄力粉……160g
A白玉粉……40g
A塩……6g
Aベーキングパウダー……20g

B卵(Mサイズ)……1玉
B牛乳……70cc

・水……100cc
・パン粉(乾燥細目)……適量
・グラニュー糖……大さじ4杯
・揚げ油……適量

作り方

銀色の中くらいのボウルの中に粉類を入れ小さいホイッパーで混ぜている。

Photo by MARI_kitchen

モッツァレラチーズは8等分に切り、割り箸に刺しておきます。ボウルにAの粉類を入れ混ぜ合わせます。(粉ふるいの代わりになります。)
小さいボウルの中に卵と牛乳。ホイッパーで混ぜている。

Photo by MARI_kitchen

Bの卵を溶きほぐし、牛乳と合わせてよく混ぜます。
粉の入った銀色のボウルに卵液を流し込んでいる。

Photo by MARI_kitchen

粉が入っているボウルに合わせたBを入れざっくりと混ぜます。
混ぜ終わった生地をホイッパーですくい生地が流れ落ちる様子。

Photo by MARI_kitchen

水も入れ、もったりと落ちて表面に重なる程度(写真程度)の硬さに混ぜ合わせます。
割り箸を持ちチーズに生地をつけたところ。隣にバットに入ったパン粉。

Photo by MARI_kitchen

チーズが入る程度の深めの小鍋にたっぷりの揚げ油を入れ180℃に熱します。モッツァレラに生地をつけ割り箸をくるくるゆっくり回して余計な生地を落とします。※モッツァレラの先とおしりの部分にもしっかりと生地をつけましょう。
白いバットに入ったパン粉の上で衣をつけたチーズを転がしている。

Photo by MARI_kitchen

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

MARI_kitchen

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう