ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

話題のチーズ入りアメリカンドッグの人気がすごすぎる!

Photo by MARI_kitchen

ブームの火付け役は韓国の「チーズハットグ」

今年の夏に日本初上陸し、未だブームが加速し続ける「チーズハットグ」。一見、アメリカンドッグと思いきや、ひと口食べるとまったくの別物♪ 韓国式アメリカンドッグです。ソーセージが入った軽食のイメージが強いアメリカンドッグに比べ、サクサクのパン粉と仕上げにたっぷりのグラニュー糖にケチャップとハニーマスタードがトッピングされているんです。 ひと口食べると、どこまでものびるチーズがインパクト大!新大久保では、このチーズハットグの専門店に連日大行列がなされています。でも「食べに行けない…」という人のためにレシピをご紹介しましょう!
▼人気店も日本上陸!

韓国風チーズアメリカンドッグの作り方

Photo by MARI_kitchen

料理が苦手でも大丈夫。お友達と集まって賑やかにもホームパーティーにも……いやいや自分のためにも作っちゃおう♪ 今回は、macaroni読者の皆さんに 本当は秘密にしたかったレシピをご紹介しちゃいます。

材料(8本分)

Photo by MARI_kitchen

・モッツァレラチーズ……400g A薄力粉……160g A白玉粉……40g A塩……6g Aベーキングパウダー……20g B卵(Mサイズ)……1玉 B牛乳……70cc ・水……100cc ・パン粉(乾燥細目)……適量 ・グラニュー糖……大さじ4杯 ・揚げ油……適量

作り方

Photo by MARI_kitchen

モッツァレラチーズは8等分に切り、割り箸に刺しておきます。ボウルにAの粉類を入れ混ぜ合わせます。(粉ふるいの代わりになります。)

Photo by MARI_kitchen

Bの卵を溶きほぐし、牛乳と合わせてよく混ぜます。

Photo by MARI_kitchen

粉が入っているボウルに合わせたBを入れざっくりと混ぜます。

Photo by MARI_kitchen

水も入れ、もったりと落ちて表面に重なる程度(写真程度)の硬さに混ぜ合わせます。

Photo by MARI_kitchen

チーズが入る程度の深めの小鍋にたっぷりの揚げ油を入れ180℃に熱します。モッツァレラに生地をつけ割り箸をくるくるゆっくり回して余計な生地を落とします。※モッツァレラの先とおしりの部分にもしっかりと生地をつけましょう。

Photo by MARI_kitchen

パン粉のうえで転がすようにして全体にまんべんなくパン粉を付けます。

Photo by MARI_kitchen

180℃に熱した揚げ油に1本ずつ入れ、回しながら1分半〜2分揚げて油を切ります。※油の深さが足りない場合は、スプーンで油を回しかけながら揚げてください。薄いきつね色程度で揚げ終わりです。

Photo by MARI_kitchen

手で触れる程度の温度になったらグラニュー糖をまぶします。

Photo by MARI_kitchen

たっぷりのケチャップとハニーマスタードをかけて完成です。

作るときのコツ

衣やパン粉はまんべんなく付けてください。揚げている途中でモッツァレラが溶け出してきたときは慌てずに、そのまま網に揚げて冷まして大丈夫です。 卵Lサイズを使用する場合は、水の量を少なめにして生地の硬さを保ちましょう。あまり神経質にならなくても作れるレシピです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS