ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

四角豆(うりずん豆)とは?基礎知識

四角豆とはマメ科シカクマメ属で、草木になる莢(さや)の部分を指します。熱帯アジアで広く栽培されており、莢の断面が四角形で、それぞれの角にひだが付いていることから「四角豆」の名が付きました。

日本では沖縄や九州で栽培され、「うりずん豆」「シカクマーミ」などと呼ばれていますよ。

四角豆は多年草に分類されますが、日本は気温が低いため一年草として扱われます。早いもので7月中旬から出回り、旬は9〜10月。収穫は11月ごろまでおこなわれます。

四角豆の食べ方

四角豆は、莢がやわらかい若いうちに食べるもの。育ち過ぎは、硬くなり食べられなくなるので注意してください。莢だけでなく、花や葉、種子、塊根まですべて食べられますが、日本では主に莢を食べます。

基本的には、塩を加えた熱湯でサッとゆでてからサラダや和え物、お浸しなどにして食べるのがおすすめ。さやいんげんと同じ活用法でOKです。揚げ物や炒め物、煮物などにしてもおいしいですよ。火を通し過ぎると色や食感が悪くなるため、下ゆでをしてからサッと調理するといいでしょう。

筋の取り方・種はどうする?

四角豆は、若いものはやわらかいため、筋を取る必要はありません。成長したものは筋を取ってから調理するのがおすすめ。先端を少し折ってから下部へ引っ張るときれいに取れますよ。莢の中に種がありますが、ゆでると食べられるので取らずにそのままいただきましょう。

四角豆の保存方法

四角豆は温暖な地域で栽培される野菜です。冷蔵庫で保存すると低温障害を起こすため、新聞紙やキッチンペーパーなどに包んで15度程度の冷暗所で保存します。1週間ほど保存可能です。それ以上保存する場合は、硬めに塩ゆでしてからラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍保存しましょう。2〜3週間保存できますよ。

和えて食べる。四角豆のおすすめレシピ5選

1. やさしい味付け。えのきだけと四角豆の和え物

白ねりごまのまろやかな味わいがえのきだけと四角豆にしっかり絡む和え物です。みずみずしい四角豆と淡白なえのきだけに和える、濃厚なたれが相性抜群。シャキシャキといい食感を楽しむためにも、ゆで過ぎに注意してくださいね。しっかり冷やしてめしあがれ。

2. ツナと相性抜群!四角豆のツナマヨ和え

ツナマヨとねりごまを和える簡単サラダ。ほんのり苦味のある四角豆のひだにツナが絡んで、味わい深いですよ。レシピでは四角豆だけで作りますが、パプリカやゆでもやしを混ぜてもGOOD。和食とも洋食とも相性がよいため、どんな献立にも合いますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ