魅惑の口どけ。業務スーパー「冷凍チョコトリュフ」はアレンジで二度おいしい

フランスや台湾をはじめ、各国を代表するスイーツが手軽に味わえると人気の業務スーパーのスイーツ。なかでも「チョコレートトリュフ」は濃厚スイーツの本場・イタリア直輸入の本格派です。スイーツ好きの筆者が実食レポートします!

2019年1月26日 更新

業務スーパーのおすすめ冷凍スイーツ!

チョコレートトリュフ

Photo by muccinpurin

業務スーパーのスイーツコーナーは、台湾をはじめベルギーやイタリアなど、各国を代表するスイーツが並び、甘党にはたまらない品ぞろえを誇ります。

そのなかから今回ご紹介するのは「チョコレートトリュフ」。

元パティシエで甘いものには目がない筆者が、イタリア直輸入のチョコレートトリュフを実食レポートします!

イタリア直輸入「チョコレートトリュフ」

チョコレートトリュフのパッケージ

Photo by muccinpurin

「チョコレートトリュフ」267円(税込)

イタリア直輸入らしくトリコロールがデザインされたパッケージは、シンプルなデザインが並ぶ輸入食品コーナーでも、ひときわ目立つおしゃれな存在。

実はこのメーカーの「ティラミス」を以前実食レポートしたのですが……。ティラミスは、マスカルポーネのコクとポルトワインがしっかりと香る本格派の仕上がりだったので、今回も期待が高まります……!
チョコレートトリュフのカップ

Photo by muccinpurin

パッケージを開けると、プラスチックのカップがふたつお目見え。

カップには足がついていて、パフェのような特別感があり、ワクワクします♪
チョコレートトリュフの食べ方

Photo by muccinpurin

「冷蔵庫でひと晩解凍して……」と書いてありますが、以前食べたティラミスの経験上、そこまで長い時間かけて解凍しなくてもおいしくいただけるんです。

今回も、冷凍庫から出して15分ほど室温において試食してみました。

しゅわりとろける至福の味

チョコレートトリュフを開けたところ

Photo by muccinpurin

フィルムをはがすとふわっとビターなチョコレートの香りが……♪

この甘い香りで、食べる前からすでにおいしい予感がします!
チョコレートトリュフ

Photo by muccinpurin

ベルベットのようにきめ細やかなココアで覆われたトリュフ。

スプーンを入れるのがもったいない気もしますが……さっそく食べてみましょう!
スプーンですくったチョコレートトリュフ

Photo by muccinpurin

スプーンを入れた感じは、ムースのようなとても軽い感触。それでもチョコレートが入っているので、濃厚でねっとりとした重さもあります。

ほろ苦いココアのおかげで、濃厚なチョコレートムースがしっかりと味を引き締た、絶妙なバランス。

やわらかい生チョコを食べているようなリッチな味わいですが、ビターなココアのおかげで、しつこさを感じずとても食べやすく感じます。

オリジナルパフェで喫茶店風に

クリームとバナナがのったチョコレートトリュフパフェ

Photo by muccinpurin

もうひとつは中身をふたつのカップに半分ずつ分けて、ホイップとバナナを添えてパフェ風に♪

チョコレートトリュフ自体がとても濃厚なので、ホイップはあえて無糖にしてバランスを取りました。

バナナとキャラメルがけしたナッツをトッピングして、カフェというよりも昔懐かしい喫茶店風に。
クリームとバナナがのったチョコレートトリュフパフェ

Photo by muccinpurin

無糖のクリームを添えたことで、チョコレートの香りとコクがより引き立っていいバランスです!

そのままでも充分おいしいチョコレートトリュフが、ホイップとバナナでちょっぴり豪華なパフェにアレンジできて、ひとつで二度楽しめました。
1 / 2

特集

SPECIAL CONTENTS