ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

そもそもほうじ茶とは?

Photo by Snapmart

ほうじ茶とは、番茶や煎茶を焙煎して作ったお茶のこと。茶葉を「焙(ほう)じる」ことから「ほうじ茶」と呼ばれるようになりました。地域によっては「ほうじ番茶」や「ほうじ煎茶」と区別して呼ばれることもあります。 高温で焙煎することで香ばしく、あま味があり、食事中のお茶として親しまれてきました。

フライパンで焙煎♪ ほうじ茶の作り方

Photo by koku_koku

自宅で炒ったほうじ茶は茶葉から余計な水分が出て香ばしい香りを十分に楽しめます。ご自宅の食器棚に眠っている茶葉はありませんか?もう古いからといってあきらめることはありません。おいしい焙煎ほうじ茶を作っていきましょう。

材料(急須で1~2杯分)

Photo by koku_koku

・ほうじ茶……8gから16g(8gで急須1杯分です) ・フライパン ・フライパンの蓋 ・ふきん ※今回は古くなった緑茶で作りましたが、もちろん古くなったほうじ茶を使ってもOKです。茶葉の中に含まれる水分をフライパンで再度炒っていきましょう。

作り方

1. フライパンを加熱する

Photo by koku_koku

フライパンを加熱します。30秒ほど加熱したら火を止めます。

2. ぬれふきんの上にフライパンを置く

Photo by koku_koku

加熱したフライパンをぬれふきんの上に置きます。こうすることでフライパンの温度を均一にすることができます。

3. 緑茶をフライパンに入れて2分加熱する

Photo by koku_koku

フライパンに緑茶を入れてふたをします。このまま2分加熱していきます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS