お茶は入れ方で味が変わる!おいしい入れ方や温度、茶葉の量を解説

「お茶は淹れ方で味が変わる」って知っていますか。ひと言でお茶と言っても、茶葉の違いでおいしい淹れ方はさまざまです。今回は、お茶の淹れ方や最適なお湯の温度、そしてシーン別でのお茶の淹れ方を紹介します。お茶の奥深さをぜひ味わってみてください。

お茶(緑茶)の淹れ方

普段、食事や会話を楽しむとき、ほっとひと息つきたいときなど、お茶を飲む人は多いのではないでしょうか。ペットボトルに入ったものを飲むのも良いけれど、たまには自分で淹れてみるのもおすすめですよ。お茶の種類別に淹れ方を紹介します。

必要な道具と材料(2人分)

材料
・茶葉4から6g
・湯の量:130cc

道具
・急須
・茶こし
・湯呑み
・茶托(来客時など)

淹れ方

1. 適温のお湯を用意し、湯呑みにいれる。

2. 湯呑みが温まる間に、茶葉を急須にいれる。

3. 湯呑みに入っているお湯をゆっくりと急須にいれて、約1分ほど茶葉が開くまで待つ。

4. 好みの濃さに合わせて3から5回に分けて急須から湯呑みに均等に注ぐ。

お湯の温度は茶葉に合わせて

ちょうど良いとされるお湯の温度は、茶葉の種類によって異なります。高い温度で淹れるほうが良いもの、低い温度のほうが良いものなどさまざまあります。おいしいお茶を淹れるために、それぞれの適温を知っておきましょう。

煎茶の場合

新芽から摘み取りまでずっと日光を浴びて育つ煎茶。煎茶は良いお茶ほど、70から90度の間と低い温度で抽出します。渋みを抑えて旨み成分を引き出すためです。これによって、香りよく、旨みを味わうことができるのです。

玉露の場合

玉露は、新芽もしくは茶摘の約3週間前から日光を遮って育てられます。そんな玉露は、低温でじっくり旨みを引き出すとおいしく淹れられますよ。50から60度が適温とされているようです。甘みとコクのあるお茶が味わえます。

玄米茶・ほうじ茶の場合

煎茶や玉露が比較的低温で淹れるのに対して、玄米茶やほうじ茶は高温が好ましいとされています。玄米茶やほうじ茶は、旨みや渋み成分がもともと少ないため、高温でもこれらが強く出ないためです。高温で香り立ち良く淹れるのがポイントです。

茶葉の量の目安

茶葉の量の目安は、ひとり分でおおよそ2gとされています。たとえば、3人分の場合は6gが目安になります。ただし、人数が少ないときはひとり分の茶葉の量を少し多めに調整するとよいですよ。

こんなときはどうすれば良い?

パックで入れたいとき

もっとお手軽にパックでお茶を淹れたいという人も多いのではないでしょうか。茶葉で淹れたのと同じような味わい、香りを楽しめるパックもたくさんあります!茶葉との違いとしては、パックは1煎目で味や香りがほとんど出てしまうため、お茶を淹れるたびに新しいパックを使うようにしましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS