ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュプロフェッショナル(2級)

大阪市在住の主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」の楽しさ、頑張りすぎず「おいしく味わう」ことの大切さを実感。旬の食材を使った料理、季節の…もっとみる

豚ひき肉とキャベツだけで作る餃子のレシピ

Photo by suncatch

調理時間:30分(※タネを冷蔵庫で休ませる時間は含みません)

豚ひき肉とキャベツの餃子は、豚ひき肉とキャベツが1:2の割合にするのがポイント。しょうが、ごま油、鶏ガラスープの素でつける下味が、豚ひき肉とキャベツの旨味を引き立てます。レシピは、ランチでも食べやすいようににんにくなしで作りますが、お好みでおろしにんにくをプラスしてもOKですよ。

材料(24個分)

Photo by suncatch

・豚ひき肉……100g
・キャベツ……200g
・塩……小さじ1/2杯
・しょうが(すりおろし)……小さじ1杯
・鶏ガラスープの素……小さじ1杯
・しょうゆ……小さじ1杯
・ごま油……小さじ1杯
・餃子の皮(大判)……24枚
・サラダ油……大さじ1杯

作り方

1. 餃子のたねを作る

Photo by suncatch

キャベツはみじん切りにして、塩を振り混ぜて5分置きます。

粗めのみじん切りにすると、キャベツのシャキシャキ感を楽しめる餃子になりますよ。細いみじん切りにすると、豚ひき肉の存在感が感じられる餃子になります。

Photo by suncatch

別のボウルに豚ひき肉、しょうゆ、しょうが(すりおろし)、ごま油、鶏がらスープの素を入れて、手で練ります。

Photo by suncatch

キャベツの水気を絞って、豚ひき肉のボウルに加えます。

Photo by suncatch

手で混ぜ合わせて軽く練り、ラップをかけて冷蔵庫で30分なじませます。これで餃子のたねは完成です。

2. 餃子を包む

Photo by suncatch

餃子の皮に、ティースプーン山盛り1杯の肉だねをのせます。指で皮のふちに水(分量外)を塗ります。

Photo by suncatch

皮を半分に折り、中央部分を押さえて留めます。

Photo by suncatch

餃子の表側の右半分にひだを3回作り、しっかり閉じます。

Photo by suncatch

左半分も中央部分に向けてひだを3回作り、しっかり包んで閉じます。

Photo by suncatch

ひだのない裏側を少しくぼませて、三日月形に整えて包み終わりです。同様にして残りも包みます。

3. 餃子を焼く

Photo by suncatch

フライパンにサラダ油の半量を薄くのばし、餃子を並べます。

Photo by suncatch

フライパンを中火にかけます。チリチリと音がし始めれば、水10cc(分量外)を加えて蓋をして強火にします。

Photo by suncatch

蓋のすき間から湯気が立てば、中火に戻します。しばらくそのまま焼き、フライパンからパチパチと音がしたら蓋を開けます。皮が透き通っていれば、蓋を外してOKですよ。

Photo by ssuncatch

そのまま焼き続け、フライパンの水分がなくなれば、仕上げに残りのサラダ油をふちから回し入れます。フライ返しで餃子を少し持ち上げて裏側を確認し、カリッと色よく焼き上がればできあがりです。

4. 盛り付け

Photo by suncatch

大皿を裏返してフライパンにのせ、そのままひっくり返します。香ばしい焼き色がおいしそうな、豚ひき肉とキャベツの餃子の完成です。酢じょうゆやからしなどを添えて、召し上がってください

編集部のおすすめ