作り方

卵を煮こんだ熱々のだしの火を止めて5時間以上、できればひと晩、鍋全体が冷たくなるまでゆっくりと冷ますと、しっかりとだしの味が染み込んだおでん卵に仕上がります。

作る時のコツ

最初は熱々。それをゆっくり時間をかけて冷ますのがコツです!

3. だしが染み込んだおでんの半熟卵の作り方

半熟卵ファンは意外なほどたくさんいるので、おでんの卵も半熟で!しかもだしが染み込んだ半熟卵を食べたい!と願う人も多いはず。その願い、叶います♪

材料

・卵 ・おでんのだし ・密封袋など袋

作り方

1. 半熟卵を作ります。ゆで時間は沸騰したお湯に入れてから6分。キッチンタイマーか携帯電話のアラームをかけて、しっかり時間をはかりましょう。 2. 温かいおでんのだしを密封袋などに入れ、殻をむいた半熟卵を浸します。 3. 常温で2時間以上、置きます。翌日食べる場合は冷蔵庫に入れますが、食べる1時間前には冷蔵庫から出して常温に戻します。 4. おでんを食べる1分前におでんの鍋に加えれば、ほんのりと温かい半熟おでん卵を食べられます。

作る時のコツ

おでんの具が冷たいのは、やっぱりちょっと残念なので、半熟卵もほかの具材と1分ほど一緒に温めましょう。 ただし火が通りすぎると半熟ではなくなってしまうので、一番最初にお皿にとることが大切。「作る時のコツ」というよりも「食べる時のコツ」ですね♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ