お酢の力でサクサク食感♪ 大葉の天ぷらの作り方

大葉の天ぷらはサクッとしていて香りがよく、てんぷらのなかでも名わき役なひと品ですね。そんな大葉の天ぷらは、実はとっても簡単に作れちゃうんですよ。大葉さえ買ってくれば、あとは家にあるもので作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

2018年11月29日 更新

大葉の天ぷらを作るコツ3つ

箸でつかんだ大葉の天ぷらと天つゆ

Photo by mikA.K

1. 衣の作り方

1つ目は衣。衣を上手に作ることができればOK。そのためには混ぜすぎないこと、氷水を使うことが基本としてあげられます。また、たまごを使わないのも選択肢のひとつです。たまごにはふんわり仕上げる効果があるので、お野菜の天ぷらにはなくてもOK。また、お酢を少量使うことでさっくり揚げることができます。

2. 揚げ時間と温度

2つ目は揚げ時間と温度。通常、てんぷらを揚げるときの温度は170~175℃。しかし、大葉の天ぷらは180℃程度の温度で数秒揚げるだけでOK。衣を薄くつけて、その衣に火が通ってしまえば油から引きあげていいんです。いろんな種類の天ぷらを作るときは最後に揚げるといいでしょう。

3. 大葉の鮮度

3つ目は大葉の鮮度。しっかりとした緑色で黒い斑点や傷がないものがいいでしょう。茎が黒くなく、葉先がピンとしているのも新鮮な証拠です。買ってすぐに調理できない場合は濡らしたキッチンペーパーに包んでラップなどできっちり包み、野菜室へ入れてあげてくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう