帆立料理はこれで完璧!おいしい焼き方&状態別おすすめレシピ15選

身の食感も味わいも絶品の帆立はお好きですか?今回は、帆立の状態別「生帆立、ボイル帆立、ベビー帆立、帆立の貝柱」に、おすすめのレシピを厳選しました。ぜひ、気になるレシピを見つけて真似してみてくださいね。帆立の基本の焼き方も要チェックです。

2018年11月27日 更新

帆立のおいしい焼き方

殻あり

BBQなどで焼き網を使う場合は、殻が開くまで焼き、さらにひっくり返して蒸し焼きのようにします。

フライパンの場合は、ナイフなどで殻を開き、上側の殻を取りはずして、下側の殻のみついている状態にします。そのままフライパンにのせ、強火で3~4分焼き、弱火で5分焼いたら完成です。同じようにして、グリルでは中火で5~6分、200℃のオーブンで10分、トースターでは5~10分焼くのが目安です。

殻なし

帆立の水気を、キッチンペーパーなどで拭きとっておきます。焼き網では、串やアルミホイルなどを活用して焼きます。フライパンでは、サラダ油と料理酒を使って、しっとり焼き上げましょう。

グリルやオーブン、トースターを使う場合は、アルミホイルや耐熱容器に入れます。200℃のオーブンでは10分、トースターでは様子を身ながら5~10分加熱するのが目安です。

生食用・刺身用帆立を使ったレシピ4選

1. 漬け帆立

新鮮な生食用の帆立が手に入ったら、まずは作っていただきたいのがこちらです。材料は帆立と調味料、トッピングのネギのみ。ごま油の香りが、いいアクセントになっていますよ。漬け時間は5分程度で、素早く作ることができます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう