B級ご当地グルメ!ホルモン焼きうどんの歴史&おいしいレシピ5選

ご当地グルメの代表のひとつ、ホルモン焼きうどんの歴史とレシピを紹介します。記事を読むとどこのご当地グルメか理解できますよ。またレシピを見たら、すぐにつくってみたくなるかもしれません。興味深いホルモン焼きうどんについて一緒に学んでみませんか。

2018年11月13日 更新

4. ホルモン風の冷凍コンニャク焼きうどん

冷凍しておいたこんにゃくを解凍して、ホルモン風に仕上げた焼きうどんです。こんにゃくだったら気軽に購入できるので、手軽に日常の食卓につくれそうですよね。

リーズナブルにつくれるのはもちろん、ヘルシーなのでダイエット中の人にもおすすめします。うどんに味がしみており、お弁当にもピッタリです。

5. 調味料にこだわったホルモン焼きうどん

豆板醤・甜麺醤・味噌など、数種類の調味料をミックスして味つけたホルモン焼きうどんです。ニラの色が鮮やかでしょう。トッピングに温泉卵をのせるのが仕上げのポイントです。

ステーキ用の鉄板のまま食べれば、最後まであたたかい状態で味わえますよ。友人が遊びにきたときのお昼ご飯や、ひとりでササッとすませたいときの昼食におすすめです。

奥深いホルモン焼きうどんのレシピを試して究極の味を追求しよう

各家庭ごとや提供するお店ごとに味つけが異なるホルモン焼きうどん。自分でアレンジしたり好みの味を求めて食べ歩きしたり、楽しみ方は無限大です。

少しの材料でパパっとつくれるのに、ホルモンの旨みを存分に堪能できるのも魅力と言えるでしょう。ひとことでホルモンと言ってもシロ・ショウチョウ・アブシン・テッポウ・ギャラと種類が豊富です。

ホルモンも野菜も味つけも、いろいろと試して自分好みに仕上げてみませんか。奥深いホルモン焼きうどんの世界を堪能しましょう。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう