蒸し料理の基本「せいろの使い方」をマスター!

蒸し料理をするときに使う「せいろ」。杉や竹、ヒノキなど天然の木の素材を生かした調理器具です。せいろを使うようなお料理はなんだか本格的な感じで縁がないと思う方は、その考え方を改めましょう!今回は、蒸し料理の基本「せいろ」の使い方を紹介します!

2018年11月20日 更新

お皿にのせて蒸す場合

蒸したい食材をお皿にのせ、そのまま蒸し器で蒸すことも可能です。その際には、せいろとお皿の間に布巾やアルミホイルなどを挟むようにすると、取り出すときに便利!

蒸し上がったせいろやお皿はとても熱くなっているので、手をなかに入れずに布を引っ張ることができると安心ですよね♪

せいろの使い方【蒸しから完成までの手順】

1. せいろを濡らす

せいろを使う前には、かならずせいろ全体をしっかりと濡らすようにしましょう。これはせいろの素材が水分を含むことで、蒸気が全体に広がりやすく食材をおいしく素早く蒸らせるから。

また、濡らすことで、せいろが焦げ付きにくくなるとも言われていて、意外に大事な工程なので忘れないようにしましょう!

2. お湯を沸かす

水分は、使うお鍋の八分目から九分目ほどを沸かすようにしましょう。特に小さいサイズのお鍋を使う場合には、お湯の減り方は想像以上!たっぷりと沸かせば、お湯がなくなって空焚き状態になることを防げます♪
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう