蒸し料理の基本「せいろの使い方」をマスター!

蒸し料理をするときに使う「せいろ」。杉や竹、ヒノキなど天然の木の素材を生かした調理器具です。せいろを使うようなお料理はなんだか本格的な感じで縁がないと思う方は、その考え方を改めましょう!今回は、蒸し料理の基本「せいろ」の使い方を紹介します!

2018年11月20日 更新

自宅の鍋やフライパンを使う場合

すでに持っている両手鍋やフライパンを使う場合には、せいろの直径よりも1cmから2cmほど小さいものであれば、そのままのせて調理することができます。そのままの場合は、縁幅が広いものを使うと安定感があり、調理中にぐらつく心配がありません。

また、あまりにサイズが違うお鍋やフライパンを使う場合には、「蒸し板」という専用の板を使うようにしましょう。

せいろの使い方【料理に合わせた土台を敷く】

カラフルな小籠包とせいろ

Photo by Snapmart

直接蒸す場合

クッキングシートを敷く

水分の多い食材や、くっつきやすい食材を蒸すときには、クッキングシートを敷き、その上に食材をのせると調理がしやすくなります。

お菓子作りやほかのお料理に使うクッキングシートに穴を開けて使うこともできますが、せいろ専用のクッキングシートも購入可能。切ったりせず、すでにサイズもぴったりとしていて、取り出してすぐ使えて便利です♪

野菜を敷く

蒸すものによってはクッキングシートよりも、キャベツやレタス、白菜などの葉を使うと雰囲気が出て、見た目がいいという場合もあります。蒸したお料理と一緒に食べてしまえるので、クッキングシートにお金をかけるよりもエコで経済的な方法ですね♪
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう