ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

手羽先の和風グリル6選

1. 香ばしい。手羽先の白味噌グリル

味噌のなかでも塩分が少なく、甘味がある白味噌を塗る手羽先のグリルです。白味噌の上品な色合いと風味は年配の方にも喜ばれそう。味噌が焦げそうなときは、アルミホイルをかぶせてくださいね。ゆかりで和えた野菜と一緒に召し上がれ。

2. コクがたまらない。手羽先のはちみつグリル

香ばしい焼き色が食欲をそそる手羽先のグリルレシピです。ひと口ほおばれば、はちみつの甘さ・コクが手羽先と絶妙なハーモニーを奏でます。白いごはんにもぴったりですよ。じっくり漬け込むことがおいしく仕上げるコツなので、前日から仕込んでおくのもおすすめです。

3. ふわっと大人味。抹茶塩の手羽先グリル

抹茶のほのかな苦味が大人味の手羽先グリルです。抹茶塩というと天ぷらのイメージがありますが、手羽先にも合うんですよ。ジューシーな脂とさっぱりした抹茶塩の組み合わせは、日本酒のお供にもぴったり。魚焼きグリルやトースターで作れるので、オーブンがなくても大丈夫。ひとり暮らしの方にもおすすめです。

4. ピリ辛。山椒塩の手羽先グリル

山椒の風味を堪能できる手羽先グリルのレシピです。パウダータイプのお塩と粉山椒を合わせて手羽先にもみ込んだら、すぐにグリルで焼くことができます。漬け込む時間が必要ないので、時短レシピにもおすすめ。粗塩などを使う場合は、30分ほど置くと手羽先に味がなじみますよ。使用するお塩のタイプに合わせて時間を調整してくださいね。

5. さっぱり。手羽先のレモン醤油グリル

骨付きの肉は生焼けになってしまうのが心配、という方も多いのでは?こちらのレシピでは、あらかじめ手羽先をゆでて中まで火を通すので、心配なく作れます。熱いうちにレモン醤油をもみ込み、こんがり焼く手羽先は余分な脂が抜けてさっぱり。お好みで七味唐辛子をかけてもおいしいですよ。

6. 体ぽかぽか。手羽先の生姜グリル

甘い味付けと生姜の風味が香る、手羽先の生姜グリルです。生姜汁・塩・料理酒・はちみつで漬けてあとはじっくり焼いていきましょう。皮はパリッと、中はジューシーな食感がたまりません。レモンを振りかけてさっぱりとどうぞ。

編集部のおすすめ