まかせてラクちん♪ 炊飯器ピラフの基本レシピ&アレンジ7選

洋風のごはんものとして大人にも子供にも人気のピラフ。炊飯器におまかせで、ラクしてパパっと作っちゃいましょう♪ この記事では基本の作り方をはじめ、シーフードやチキンなど人気の具材を使ったレシピをご紹介します。休日のブランチや忙しい日のメインにおすすめですよ

2019年11月11日 更新

5. プチプチ甘い♪ コーンピラフ

コーンがメイン具材のピラフです。プチプチ食感と甘い味が、コンソメ風味のごはんにぴったりマッチ。バターの香りでまろやかさもプラスされて、お子さんもよろこんで食べてくれそうです。バターはピラフが炊き上がってから加えてくださいね。

6. 大人も子供も好きな味。カレーピラフ

Photo by macaroni

鶏肉やズッキーニ、じゃがいもなど、人気の具材がたっぷり入った贅沢カレーピラフ。ドライバジルを振りかけて、香り豊かに仕上げています。鷹の爪やお好みのスパイスを入れれば、大人の味になりますよ。

7. 工程3つ。簡単ツナピラフ

「今日はなんにも作りたくない」なんて日におすすめなのがこちらのレシピ。入れる具材はツナと冷凍野菜ミックスだけなので、包丁いらずでとっても簡単♪ ひと口ほおばればツナの旨味が口いっぱいに広がります。レモンを搾ればさっぱり味にもなりますよ。

炊飯器ピラフでご飯作りが快適♪

本格的なピラフは、火加減や水加減、加熱する時間が大きなポイント。炊飯器ならすべておまかせでできるので、ラクちんなのにおいしくできますよ。炊けるのを待つ間に、ほかのおかず作りに取り掛かれるのもうれしいですね。 忙しい日でもちゃちゃっと見栄えのするメニューが作れる、こちらのレシピをぜひ活用してくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS