みかんは太るって本当?工夫しだいで美と健康の味方に【管理栄養士監修】

果物は美容に、健康にいいイメージが強いですが、ダイエットにみかんは不向きとの噂があるようですね。ここでは、みかんはダイエットに向くのか向かないのか。気になるその疑問に対し、管理栄養士が解説し、太りにくい食べ方をご紹介します。

2018年12月27日 更新

食べる時間のポイント

みかんに含まれる果糖は、短時間でエネルギーになるといわれています。(※出典2,4)そのため、ダイエット中の方は食べる時間も工夫するとよいでしょう。夜、寝る前に食べるとエネルギーが蓄積してしまうこともあるため、朝や昼など活動量が多い時間に食べ、活用するとよいでしょう。

もし、日中のブレイクタイムに市販のお菓子を食べていたら、みかんに置き換えるのもおすすめです。

1日にどのくらい食べて良いの?

みかんは手軽に食べられる果物のため、食べ過ぎには注意したいことを伝えてきましたが、1日どのくらいの量が好ましいのでしょうか。食事バランスガイドでは果物の1日の摂取は200g程度としています(※出典5)そのため、みかんは1個当たり100g前後のものが多いため、2個程度になるでしょう。

必ずしも「太る」わけではない!

「みかんを食べると太るのか」という疑問を解消することはできたでしょうか。みかんをダイエット中に食べるときは、適切な摂取量を守るということがポイントになります。ついつい、食べ過ぎてしまう可能性があるため、個数をあらかじめ決めておくなどの工夫があるとよいですね。どんな食品においても、単品ばかりを食べすぎるのはNG。食べる量や食べる時間を工夫して、みかんと上手に付き合いましょう。
《参考文献》
(※出典1)食事成分表2018(女子栄養大出版)
(※出典2)厚生労働省 eヘルスネット「果物」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-01-003.html
(2018-10-15閲覧)
(※出典3)厚生労働省 eヘルスネット「肥満と健康」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-001.html
(2018-10-21閲覧)
(※出典4)国立健康・栄養研究所「食事の適量」
http://www.nibiohn.go.jp/eiken/center/q_mr3.html(2018-10-15閲覧)
(※出典5)農林水産省「食事バランスガイド」http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/kakudaizu.html(2018-10-15閲覧)
【監修・文】管理栄養士:佐々木里紗
自分に自信がないと感じていた心身の状態を、毎日の食事を変えて改善させた経験から、日々の食事の重要性を体感。自身の経験をメソットにする美自信食事講座を主宰。コラム執筆やレシピ開発、量販店向け販促資料や売り場構成など幅広く活躍中。
▼カロリーや栄養についてはこちらから!
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう