胃腸の調子が悪いときに。お腹にやさしい食べ物と食べ方のコツ【管理栄養士監修】

胃腸の調子が悪いとき、何をどんなふうに食べたほうがよいのか知っていますか?おすすめの食べ物やお腹にやさしい食べ方をご紹介します。どれもすぐに実践できるものばかりですよ。お腹にやさしい食べ物や食べ方を知って、胃腸の回復をサポートしましょう。

2019年2月20日 更新

胃腸にやさしい食事って?

胃がもたれていたり、お腹がゆるかったりとなんだかお腹の調子がよくないな……というときってありますよね。そんなときにどんな食事をとるとよいのか、悩んだ経験はありませんか?

まっさきに思い浮かぶのは、おかゆかもしれません。そのほかにどんな食べ物がよいのか、避けたほうがよいものは何か、食べ方のコツなど、いざというときに知っていると役立つ胃腸にやさしい食べ物や食べ方についてご紹介します。

お腹にやさしい食事のポイント

消化が早い

胃に負担をかけない、消化がスムーズな食事をしましょう。揚げ物や牛肉、豚ばら肉などの脂っこいもの、バターや生クリームなどの乳脂肪が多いもの、ごぼうやれんこんなどの食物繊維が多いものは、消化に時間がかかります。脂質を多く含む食材や油を使った料理も避けてください。

野菜は生よりも煮たり炒めたり蒸したりなど、加熱をしてやわらかくすると消化がよくなります。

刺激が少ない

刺激が強いものとは、香辛料がきいているもの、冷たすぎるもの、熱すぎるもの、甘すぎるもの、塩気が強いもの、酸味が強いものなどがあげられます。刺激が強いと胃に負担をかけてしまうので、ほどよい温度で刺激の少ない食事を心がけましょう。

コーヒーやアルコール、炭酸飲料も控えてくださいね。

胃腸が弱っているときにおすすめの食べ物

主食

お米

お米は通常のごはんではなく、おかゆや雑炊などがGOOD!ごはんよりもやわらかく煮てあるので、消化がしやすいんですよ。お米の炭水化物は、すぐにブドウ糖まで分解されエネルギーに変わります。

ただしさらさらと流しこむように食べるのではなく、ゆっくりと噛んで食べてくださいね。

うどん

うどんはやわらかく煮たものがおすすめです。冷たいうどんではなく、温かいものにしましょう。具はえび天やかき揚げなどの揚げ物、きつねうどんの油揚げ、甘辛く炊いた牛肉などはNGです。卵や食物繊維の多くないお野菜をしっかりやわらかく煮たものなどがGOOD!
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう