ローディング中

Loading...

いろんな健康効果が得られるとして人気の「生姜」。しかし、効果を期待して食べ過ぎてしまうと、どうやら危ないみたいですよ。具体的にどのような副作用があるのか、一日に食べていい量などをまとめてみたので、参考にしてみてくださいね。

栄養豊富な「生姜」

生姜にはビタミンB6やカリウム、マグネシウム、マンガンなどの栄養素が含まれており、さまざまな健康効果があるとされています。生姜の辛味成分であるジンゲロールには血流を良くする作用があり、冷え性対策に効果的です。
しかし、健康にいいとはいえ過剰摂取は禁物!

食べ過ぎによる副作用

腹痛

生姜には胃や腸を刺激する作用がありますので、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうことがあります。生まれつき胃腸が弱い人や、疾患を抱えている人は注意が必要と言えますね。

妊娠中の注意点

食欲増進効果もある生姜は、つわりにも良いとされています。しかし、過剰摂取はお腹の中の赤ちゃんに悪影響があり流産する恐れもあるとか。妊婦さんも摂取したい健康食の生姜は、もちろん普通に食べている分には問題ありませんが、心配な人はどのくらいなら大丈夫かを病院で相談してみたほうがいいでしょう。

ストレスがあるときは避ける

生姜は脳を刺激して活動しやすくするので、イライラしているときや、眠りたいときには避けましょう。ストレスに症状があるときに摂取してしまうと、イライラが加速する場合もあります。ストレスが溜まっているときは下手に脳を刺激しないようにして、ゆっくり休みましょう。

肌への影響

大量摂取しすぎると体温が上がり、熱の発散が多くなるため、お肌にもよくありません。特に乾燥肌の人や皮膚炎を起こしている人は要注意です。

「生姜」の適量は?

「生姜」の適量の目安としてはスライスした生姜で1日6枚ほど、重さにして10グラム程度だそうです。料理に使うときにすりおろしたり、細かく刻んだりするならば、小さじ1杯ほどの量が目安となります。

みんな生姜が大好き♪

▼適量を守って、生姜と健康的に付き合っていきましょう♩

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

意外と知らない「グラノーラ」「オートミール」「ミューズリー」の違いまとめ

流通経済研究所の調査によると、3月17~23日のパン・シリアル類売り上げランキングに、シリアルとしては初めてカルビーの「フルグラ」が7位にランクイン。2010年、目黒のシリアル専門店「GMT(グッド・モーニン…

【意外すぎ!】 ナマコは“海の朝鮮人参”? その驚くべき栄養価とは!?

グロテスクな外見とブヨブヨとした触り心地が敬遠されているナマコ。実は、その体は多くのコラーゲンやコンドロイチンを含み、ビタミンB、ビタミンE、鉄、亜鉛などのカルシウムを豊富に有する、別名「海の朝鮮人参」といわ…

低カロリーすぎるお肉「オーストリッチ」! 食べないワケにはいかない3つの理由

「オーストリッチ」というお肉をご存知だろうか? なんでもダチョウ肉のことを指すようで、低カロリー、低コレステロール、高タンパクという栄養価に優れた肉なのだという!! しかも、その味は牛肉に近く、クセも全くナシ…

スポーツ後の炭酸飲料NGは迷信?炭酸飲料が身体に与える『いい影響』『悪い影響』

夏になると、爽やかなサイダーなどの炭酸飲料を飲みたい気分になります。しかし炭酸飲料は身体に悪いとか、飲むと太るとか、骨が溶けるとか、マイナスな情報が次々に聞かされます。炭酸飲料を飲む事がそんなに身体に悪いんで…

キムチとチーズで作る簡単レシピ集!旨さ爆発!発酵パワーの腸活で美容と健康に良し♡

キムチとチーズ……アクの強い発酵2大スターで作る簡単レシピをご紹介! 香りだけでもスタミナつきそうよ〜(๑╹ڡ╹๑) ♡

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

酵素生活をしよう!酵素と発酵食品のススメ。東京自然食レストラン

ここ数年何かと話題に上がる「酵素」ですが、実は昔から私たちの生活の中に自然と沢山あるものなんです。上手に取り入れて、健康な身体を作りましょう。

発酵なしでもOK!簡単でおいしい「おかゆパン」レシピ6選

ヘルシーでおいしい「おかゆパン」を知っていますか?おかゆに野菜などを入れて作るパンなんだそうですが、最近マクロビオティックの世界を中心として脚光を浴びているんだとか。発酵なしでもできちゃうのがありがたいですね…

難波「クレープリー・アルション」で本場フランスのクレープを。

本場のクレープといえば、フランス。本場のクレープは日本のクレープと全然違う、なんて話もよく耳にします。ですが、実は日本でも本場の味を楽しめるお店が大阪にあります。今回はそんな本格的でおしゃれなお店をご紹介しま…

ページTOPに戻る