ほんのり甘い。人気の「伊達巻」基本レシピ&リメイクアイデア

はんぺんを使って簡単に作れる「伊達巻」のレシピをmacaroni動画でご紹介します。豪華なおせちに欠かせない伊達巻ですが、実はとっても手軽に作れるんですよ。オーブンで焼き上げる簡単レシピや、余ったときのリメイクアイデアも要チェック!

2019年8月22日 更新

卵焼き器で!はんぺん入り「伊達巻」の基本レシピ

まずは、はんぺん入りの基本となる伊達巻のレシピをご紹介します。おせちの中で伊達巻は、文書や絵の巻物に見立てて、読み書きがしっかりできるようにという願いや文化発展の意味が込めらているので、ぜひ想いを込めながら作ってみてください。
調理時間:30分
※冷やす時間は含みません。

材料(2~3人分)

・卵……3個
・はんぺん……1枚(100g)

a. だし汁……大さじ3杯
a. 酒……小さじ2杯
a. 砂糖……40g
a. 薄口醤油……小さじ2杯

・サラダ油……小さじ1杯

※砂糖は基本となる量です。甘さ控えめに仕上げたい方は量を調整してください。

作り方

ミキサーで卵液を撹拌している様子

Photo by macaroni

1. 卵、はんぺん、(a)の調味料をミキサーにかけます。ミキサーがない場合は、はんぺんをすり鉢ですりつぶしてから卵などと合わせましょう。
卵液を茶漉しで漉している様子

Photo by macaroni

2. なめらかになったら、目の細かいザルでこします。
キッチンペーパーでフライパンの油を広げている様子

Photo by macaroni

3. 卵焼き器にサラダ油を引いて弱火で熱し、ペーパーを使ってへりまでしっかりと油をなじませます。
フライパンに卵液を流し入れている様子

Photo by macaroni

4. 卵焼き器が温まったら2の卵液を流し入れます。
卵液を焼いている卵焼き器にアルミホイルをかぶせている様子

Photo by macaroni

5. アルミホイルでフタをし、ごく弱火で10分ほど焼きます。
卵焼き器で焼かれている卵

Photo by macaroni

6. まわりが固まってきたら裏返し、さらに5分ほど焼きます。裏返すとき、中央部分は半熟の状態でOKです。
伊達巻をまきすで巻いている様子

Photo by macaroni

7. 巻きすの上に6の卵焼きをのせて、温かいうちに手前からしっかりと巻きます。
伊達巻を巻いた巻き簾の両端を輪ゴムで留めている様子

Photo by macaroni

8. 巻き終わったら、輪ゴムで巻きすの両端を止めます。
伊達巻を切っている様子

Photo by macaroni

9. 完全に冷めたら巻きすを取り外し、食べやすい大きさに切り分けます。温かいうちに切ると形が戻ってしまうので、必ず冷ましてから切ってくださいね。
伊達巻が盛り付けられたお盆を両手で持っている様子

Photo by macaroni

10. お皿や器に盛り付けたら完成です。
【レシピ提供 macaroni】

初心者向け。オーブンで作る伊達巻の簡単レシピ

初心者の方は、オーブンで伊達巻を作ってみてください。細かい火加減を気にしなくていいので、気負わずに調理することができますよ。型に流して焼くと、市販の伊達巻のように大きく作れます。おせち料理にふさわしい豪華な仕上がりに!

余った伊達巻のおすすめリメイクレシピ3選

1. 伊達巻の抹茶ティラミス

透明のカップに入った伊達巻の抹茶ティラミス

Photo by macaroni

伊達巻が、和風スイーツに大変身!一見斬新なアイデアに思えますが、伊達巻の甘みが濃厚なクリームチーズとほろ苦い抹茶にばっちり合いますよ。意外と簡単に作れるので、おやつにぴったりですね。

2. 伊達巻ラスク

スレートプレートに並べられた伊達巻ラスク

Photo by macaroni

お正月に余った伊達巻をオーブンで焼くだけで、ラスクが作れます。きな粉と抹茶をまぶして見た目もおしゃれに仕上げれば、手土産やおもてなしに喜ばれること間違いなしです。サクサクの伊達巻を楽しんでみてくださいね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

吉田 鈴

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう