こんな工夫も!みかんアート実例4選

4. 子ども大喜び!キャラクター剥き

みかんの皮を使ったアート作品です。耳の分だけ三角に立たせて、あとはサインペンで顔を描きましょう。簡単なキャラクターや動物でも良さそう。 子供のお弁当にそっと入れておくと、お弁当タイムがとっても楽しくなりますよね。くれぐれも、皮部分は口に入れないようにしましょう。

5. キャッ!赤面しちゃうかも?パンツみかん

上手に中をくりぬいて身を取り出しましょう。足、胴体部分の入り口を作ったら……なんとパンツのできあがり!思わずクスッと笑ってしまう、シュールな作品ですね。 みかんを食べたら、作品作りが待っている。と、思うと、みかん1つでたっぷり楽しめます。こたつでワイワイみんなで製作タイムですよ。

6. 思わずほっこり♪ かたつむりみかん

みかんの上下の皮をまるくはがし取り、真ん中部分だけぐるり1周残します。顔の部分はつのを意識してカット、しっぽ部分だけみかんからはがしましょう。お顔を書いたらほっこり、かたつむりの完成です。うまく自立するので、そのまま飾っておきたいくらいかわいいですね。

7. 皮があれば人も太陽も、こたつまで!

みかんは、身もおいしいけれど、皮まで楽しい!そんな作品がたくさんあります。皮を人がたにカットして持ち上げているかのよう。皮だけハサミでチョキチョキ、太陽にもこたつにも♪寒くなり、お外にでる機会が減ってきたら、こたつに入りながら思い思いのみかんアートを楽しんでみてください。

みかんでお腹も気持ちも満たされよう♪

Photo by ako0811

日本では、なぜか、みかんとこたつがセットのようなイメージがありませんか?こたつを囲む姿は家族団らんのイメージでもありますよね。寒い冬に旬を迎えるみかん、そのまま食べてももちろん甘酸っぱくておいしい!その時間と皮を利用してもっと楽しんでみてはいかがでしょうか? 基本的に、道具は不要。その場で思い思いの形を作れるから手軽ですね。クスッ、ニヤッと、何気に顔がほころんでしまう。時にはあっと驚く芸術作品が生まれる日が近いかも!?
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ