ライター : sasa_mi

管理栄養士

高齢者施設の管理栄養士としての勤務経験から、食べることは人生を豊かにするということを実感。現在はmacaroniライターとして、子供から高齢者までが一緒に食事を楽しめるよう、役立つ…もっとみる

みかんのカロリー

・みかんのエネルギー量(カロリー)
1個(可食部75g)あたり……35kcal
100gあたり……46kcal

・りんごのエネルギー量(カロリー)
1個(可食部268g)あたり……163kcal
100gあたり……61kcal

・バナナのエネルギー量(カロリー)
1個(可食部84g)あたり…72kcal
100gあたり……86kcal

みかんは水分量が多く、糖質量が少ないです。そのため、ほかの果物に比べてエネルギー量(カロリー)は低いんですよ。(※1,2,3,4)

みかんを一日に食べてよい量の目安は?

果物は一日200g以上摂取することが、厚生労働省推進の「健康日本21」に目標として設定されています。みかんであれば、一日3個を目安に食べましょう。

みかんはβカロテンやビタミンC、カリウムなどが豊富な果物。βカロテンは体内で変換され、ビタミンAとして目や皮膚の健康をサポートします。ビタミンCはメラニンの生成を抑える作用があり、日焼け対策に役立ちます。いずれも、健やかな肌を維持するうえで重要です。また、カリウムはむくみ対策に役立つ栄養素ですよ。(※2,5,6,7,8)

食べ過ぎると肌が黄色くなるって本当?

みかんを食べすぎると手が黄色くなるよ、と言われたことはありませんか? みかんには、カロテンという脂肪に溶けやすい性質の色素が含まれています。みかんをたくさん食べると、カロテンは体内の脂肪に蓄えられるため、肌が黄色くなることがあります。しばらくみかんを食べないようにすると、もとに戻りますよ。(※9,10)

みかんの種類別カロリー

夏みかん

1個(300g)あたり……120kcal
100gあたり……40kcal(※1,11)

いよかん

1個(220g)あたり……101kcal
100gあたり……46kcal(※1,12)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS