失敗しない!「コーンクリームコロッケ」基本レシピ&冷凍方法

手軽に作りやすいコロッケのなかで、人気なのに手作りは敬遠されがちなコーンクリームコロッケ。コツを押さえれば、実はとっても手軽にできますよ。この記事では覚えて後悔なしのコーンクリーム缶を使った基本レシピや、冷凍保存の方法もまとめてみました。Let's Try♪

2019年8月29日 更新

コーンクリームコロッケを作るときのポイント

風味を左右するのはクリーム。小麦粉はしっかりと火を通してベシャメルソースを作りましょう。生地はしっかり冷やすことでとても扱いやすくなります。衣は乾燥の細引きパン粉を使用し、すべての衣付けを終えてから少し冷蔵庫で置いておくことで衣はげの心配もなくなります。

作り置きを!コーンクリームコロッケの冷凍方法

クリームコロッケを作り置きしておきたいときは、冷凍保存がおすすめです。タネを成形して衣をつけた状態(基本レシピ 工程12)でひとつひとつにラップをし、金属製のバットなどにのせて急速冷凍しましょう。この状態で、約1ヶ月ほど保存可能です。

揚げるときは自然解凍をしてから

冷凍したタネを揚げる際は、冷蔵庫に移して自然解凍してから揚げるようにしましょう。こうすることで、内と外の温度差が少なくなって爆発を抑えられます。しかし解凍しすぎるとタネがドロドロになってしまうので、様子を見ながら解凍するようにしてくださいね。

簡単人気♪ コーンクリームコロッケの揚げないレシピ

コーンクリーム缶を軸に作ったタネを耐熱容器に入れ、あらかじめ炒めたパン粉を上からまぶしてオーブンで焼いたスコップコロッケのレシピです。これなら揚げないので、面倒な油の処理もなく簡単に作れますよ。

小さめサイズの耐熱容器でひとり分ずつ作るのもよし、大きな容器で作ってみんなでつついて食べるのも楽しそうですね!
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mari.everydayolive

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう