一人暮らしでも揚げ物らくちん!おすすめの鍋や掃除のコツを伝授

アツアツの揚げ物が食べたい……そう思っても一人暮らしの身にはおっくうに感じてしまうこともあるのでは。実は意外とお手軽に揚げ物を楽しむことができるんです!今回は一人暮らしでも揚げ物が簡単にできる、道具のコツやお掃除方法などをお教えします!

2019年3月12日 更新

揚げ物は一人暮らしには面倒!?

サクサク、カラッと揚がったアツアツの揚げ物は子供から大人まで大好きな料理ですね。しかし一人暮らしの人にとって揚げ物は、作る際の道具の用意や後片付けなど、ちょっと面倒に感じることもあるのでは?

今回は、一人暮らしでも揚げたての味をお家で楽しみたい!という人にお役立ちなお話。どんな道具をどのように使えば良いのか、面倒な清掃や油の処理まで、意外と簡単にできる揚げ物料理の際のコツをご紹介します。一人暮らしのあなたも、おうちで揚げ物に挑戦できるようになりますよ!

意外と少ない!揚げ物をするのに必要な道具

トングや菜箸

高温になる油に食材を投入するので、油との距離が近くならないように長い菜箸やトングを使うのが火傷や事故を防ぐ鉄則。トングも持ち手やハサミ部分にシリコンを使用したものなど、持ちやすくすべりにくい加工をしてあるものは、より安全性も高まります。シリコン製の菜箸は熱に強く、水に弱い木のように腐ったりなどの劣化が少ないのも利点です。

油切り用のバットと網

せっかくの揚げ物もきちんと油をきらないとベトベトに。バットに網を乗せ、揚げたものを置いていくときちんと油が切れてサクサク、カラッとした揚げ上がりになりますよ。バットの上にキッチンペーパーなどを敷いておくと、バットが油でベトベトになるのを防げます。

オイルポット

さまざまな素材のものがあるオイルポット。使用した油を保存するのに使用します。ホームセンターや100円ショップでも売っているので、プチプラでゲットしてもよいですね。口にこし器がついているので、揚げカスなどをきれいにこしてくれます。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう