ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

納豆と鶏そぼろでおいしく。スタミナ納豆

Photo by 大山磨紗美

調理時間:20分(※ひき肉を冷ます時間は除く)

スタミナ納豆は、鳥取県倉吉市で30年以上前に考案された学校給食のメニューです。にんにくやしょうがで風味付けした鶏ひき肉を、ひきわり納豆と混ぜ合わせるレシピで、テレビ番組で取り上げられ有名になりました。

鶏そぼろの味と香味野菜、タバスコのピリ辛効果で納豆独特のにおいが抑えられ、だれもが食べやすい味になります。納豆単体よりも栄養のバランスが良くなるのもポイント。この記事では、基本のレシピとアレンジ方をご紹介します。

材料(4人分)

Photo by 大山磨紗美

・鶏ひき肉……120g
・にんにく……1/2かけ
・しょうが……1/2かけ
・酒……小さじ1杯
・しょうゆ……小さじ1/2杯
・ごま油……小さじ1杯

・ひきわり納豆……100g
・小口ねぎ……20g
a. しょうゆ……大さじ1/2杯
a. 砂糖……小さじ1杯
a. みりん……小さじ1杯
a. ごま油……小さじ1/2杯
・タバスコ……3~4滴
aの代わりに納豆のたれを使っても可

作り方

1. にんにく、しょうがを炒める

Photo by 大山磨紗美

フライパンを中火にかけごま油をしき、みじんぎりにしたにんにくとしょうがを炒めます。

2. 鶏ひき肉を炒める

Photo by 大山磨紗美

しょうがとにんにくの香りが出たら、鶏ひき肉、酒、しょうゆを入れて炒めます。

3. 水分を飛ばして鶏そぼろを完成させる

Photo by 大山磨紗美

水分を飛ばすように煎り付けていきます。フライ返しや箸で細かいそぼろになるようにしっかりと混ぜます。

4. 鶏そぼろを冷ます

Photo by 大山磨紗美

鶏そぼろができたら、ボウルやバットに移して冷まします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ