塩鮭を味わい尽くす!人気レシピ20選!焼きから蒸しまで

塩鮭を堪能できる人気レシピを紹介します。また塩鮭の特徴や生鮭との違いについてもレポート。シンプルに焼くだけでもおいしいですが、炒めたり蒸したりソテーにしてもおいしいです。ぜひレシピを参考に、さまざまな塩鮭料理を食卓に取り入れてみませんか。

2018年9月27日 更新

「塩鮭」を上手に使いこなそう!

私たちの食卓テーブルに登場する機会の多い魚のひとつが鮭ではないでしょうか。皆さんは鮭には塩鮭と生鮭があるのを知っていますか。塩鮭は鮭に塩を振り水分を出してから保存できくようにしています。

また、塩鮭は一年を通じて店頭に並ぶのが特徴です。加えて塩分の高さで甘口・中辛・辛口に分けられるため、生鮭にはない独特の旨みを堪能できるのもメリットと言えるでしょう。

一方で生鮭は鮭に塩を添加しておらず、旬の頃(9月から11月)に多く出まわるのが特徴です。塩で身がしまっていないので、ふっくらジューシーな味わいを楽しめるのがメリットといえるでしょう。塩加減や味つけも自分好みにできるのもメリットです。

シンプルに味わう♪ 塩鮭の焼きレシピ5選

1. 定番の塩鮭とご飯

朝ご飯の定番といっても過言ではない、塩鮭・ごはん・梅干しの黄金の組み合わせです。これさえあれば十分という人もいるのではないでしょうか。塩鮭は焼いた後、冷めてからほぐしましょう。ご飯に混ぜてから、ごまをまぶしてもおいしくいただけます。

2. 塩鮭のアスパラガスとチーズのせホイル焼

塩鮭やアスパラガス・にんじん・新玉ねぎと一緒にホイル焼きで味わうメニューです。ソースの味噌&チーズの香ばしさがたまりません。えのきやしめじなどキノコ類を入れてもおいしくいただけます。

3. 作り置きOK!鮭の味噌照り焼き

表面の焼き加減が絶妙でしょう。調理のポイントは、塩鮭の両面がこんがりするまでじっくり焼くことです。冷蔵・冷凍保存が可能なので、お弁当のおかずや時間がない日の夕食に重宝します。ほっこりお腹を満たしてくれる香ばしい味わいを堪能してくださいね。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう