濃厚チョコケーキ「ブラウニー」とは?基本&アレンジレシピ15選も

バレンタインの定番「ブラウニー」は、アメリカで古くから作られている家庭のおやつです。しっとりしたものやザクザクしたもの、ナッツが入ったものなどバリエーションが多いのも人気の理由。そんなブラウニーの特徴やテイスト別の15レシピをご紹介します。

2018年9月21日 更新

ブラウニーってどんなお菓子?

発祥はアメリカ・シカゴ

ブラウニーはアメリカ・シカゴで1893年に開催されたシカゴ万博で、女性向けのデザートとして作られたのが始まりだと言われています。当時は富裕層など、限られた人だけが食べるデザートでしたが、しだいにブラウニーは一般家庭にも普及。

しっとりとした食感ものや、ナッツやクルミなどが入ったものなど、おうちによってさまざまなバリエーションがあるのも特徴です。

ほかのチョコレートケーキとの違いは?

ブラウニーとよく似ている「ガトーショコラ」との1番の違いは、卵の使い方です。ブラウニーは全卵を使うことが多いのに対し、ガトーショコラは白身をメレンゲにして使うのが一般的です。

基本の材料と作り方

青い皿にのったナッツ入りブラウニーとコーヒー

Photo by macaroni

材料(18×18cmの型1台分)

・ミルクチョコレート……200g(4枚)
・無煙バター……100g
・グラニュー糖……80g
・卵……2個
・薄力粉……80g
・ココアパウダー……20g

作り方

1. ボウルにチョコレートとバターを入れ、湯せんにかけてよく混ぜる。
2. 1にグラニュー糖を入れてよく混ぜる。さらに溶き卵を2回に分けて加え、よく混ぜる。
3. 2に合わせた粉類を2回に分けて加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
4. 型に流し入れ、180℃に予熱したオーブンで約25分焼く。竹串で中心を刺し、何もついてこなかったらできあがり。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう