コツは丁寧に作ること♪ 卵焼きの基本レシピ&アレンジ10選

今回は、やさしい味がほんわりと心にしみる卵焼きのレシピをご紹介します。卵焼きといえば、お弁当のおかずやお酒のおつまみにぴったりの人気メニューですよね。この機会にぜひふわふわに作るコツをマスターしませんか?

2019年2月15日 更新

7. フライパンで簡単!「ニラとモヤシの韓国風卵焼き」

普段の卵焼きに飽きてきたら、ニラとモヤシとエビが入ったチヂミ風アレンジはいかがですか?長芋をプラスすることで、ふんわりと仕上がり栄養価もアップしますよ◎ 甘酢醤油やスイートチリソースをつけて、いろいろな食べ方を楽しんでみてくださいね♪

8. 彩り鮮やか!「菜の花の卵焼き」

お弁当にぴったりの卵焼きが、菜の花や小松菜を卵焼きで巻き込んだレシピ。鮮やかな緑色がお弁当箱に入るだけで、パッと明るく華やかな印象になるのでおすすめです。菜の花が手に入らないときは、ほうれん草や春菊、水菜などの青菜野菜で代用してみてくださいね。

9. 時短料理にぴったり!「なめたけとねぎの卵焼き」

朝の時間がないときにでもササッと作ることができるのが、なめたけ入りの卵焼きです。市販のなめための瓶は甘辛く醤油味で味付けされています。なめためをそのまま卵液に入れれば、味付けが必要ないんですよ。時間がないときにおすすめのひと品となっています◎

10. 栄養満点!「切干大根とネギの卵焼き」

栄養価が豊富な切干大根は、煮物やお味噌汁にも万能に使うことができるお役立ちアイテム、卵焼きにも混ぜ込んで、おいしくヘルシーなひと品にしてみましょう。小ネギをトッピングすることで色合いが鮮やかになり、おしゃれなひと品になりますよ◎

卵焼きでほっこり幸せ◎

今回は卵焼きの基本レシピと、お弁当のおかずにもぴったりなアレンジレシピをご紹介しました。卵焼きをふんわりと仕上げるためには、3つのポイントが大切です。

まずは卵をこしましょう。つぎに焦らずに丁寧に巻くことも大切です。そして最後にきれいに形を整えていきましょう。ひとつひとつの工程を丁寧にすることがおいしさのコツです!ぜひ大切な人が喜ぶ顔を想像しながら、作ってみてくださいね♪
▼卵の正しい保存方法と賞味期限はこちら
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう