ローディング中

Loading...

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問についてまとめてみました。

卵は冷蔵庫に入れなくてもよい!?

日々の食生活に欠かせない卵。栄養価も高く、朝食からお弁当、お菓子作りまで……毎日何かしら卵を使ったものを口にしているという方も多いのではないでしょうか。

そんな卵ですが、スーパーなどで常温で販売されているのを疑問に思ったことはありませんか?その理由については、以下で詳しくご説明しますが、卵は季節を問わず常温での保存が可能です。直射日光を避ける、風通しのよい場所で保管するなどいくつか条件はありますが、そこさえクリアできれば常温保存もできるんです。

しかしながら、購入後自宅で卵を保管する際は、大半の方が冷蔵庫で保管されているのではないでしょうか。販売されている時は常温なのになぜ?今回は、そんな卵の保管時の疑問についてお答えします。

常温で売られている理由

そもそも、なぜ卵は常温で販売されているのでしょうか。一見すると、乳製品に次いで、冷蔵保存がマストといったイメージがある卵。常温で保存しておいても問題ないのでしょうか。

卵がスーパーなどで常温で販売されている理由は、結露による傷みを防ぐためです。本来、卵は非常にデリケートな食材です。

卵には、気孔といって、呼吸するための小さな穴がいくつも空いています。気温や湿度の差が激しく、結露が卵の表面についてしまうと、雑菌が気孔を通じて卵の中に入り込んでしまう可能性があります。そうなると、卵が傷みやすくなってしまうのです。少しでもこの気温差・湿度差をなくすため、常温で販売されていることが多いのだそうです。

冷蔵庫で売られていたら

卵は販売時、常温で陳列されているのが普通です。とはいえ、やはり夏場だったり、出荷から流通までの経緯が分からなかったりすると、販売の段階から冷蔵されていた方がなんとなく安心ですよね。

最近では、少しでも良いものを販売するため、流通から販売まで一貫して冷蔵で管理されている卵も増えてきているのだとか。もし、販売の段階から冷蔵コーナーで販売されている卵を購入した際は、常温販売されている卵以上に温度変化に気をつけ、帰宅後はすぐに冷蔵庫で保管しましょう。

自宅でも常温保存?

販売時は常温で置かれていることが多い卵ですが、購入後も自宅で常温保存しているという方はほぼいらっしゃらないのではないでしょうか。次に、常温での賞味期限の目安についてご説明します。

常温での賞味期限目安

卵の販売については、常温でも冷蔵でもどちらでも構わないことが分かりました。大切なのは、「温度変化に気を付ける」ことだったのですね。

ですが、購入後はほとんどの方が冷蔵保存します。冷蔵庫で保存した際は、パックに記載されている賞味期限を守っている方が多いと思いますが、常温で保存する場合はどうなのでしょうか。

季節により異なりますが、具体的には下記期間が目安とされています。

・12~3月(10℃以下の状態)・・・2か月間
・4~6月、10~12月(20~23℃前後)・・・3週間
・7~9月(25℃以上)・・・2週間


ただし、これは産卵後からの目安とされています。パック後の場合は、年間を通して2週間と定めている業者が多いようなので、この期間を目安にした方がよいですね。

卵の保存は基本的には冷蔵での保存がのぞましいとされています。冷蔵庫のスペースがないなど、やむをえず常温で保存する場合は、卵かけごはんなどの生食を避け、必ず中までしっかりと火を通してから食べるようにしましょう。

卵を正しく保存しよう

卵は冷蔵保存が適しているということは分かりましたが、皆さんは冷蔵庫でどのように保存していますか。おそらく、大半の方が扉のドアポケットとこたえるのではないでしょうか。ですが、その方法、実は間違っているかも?次に、正しい卵の保存方法をご紹介します。

ドアポケットでは保存しない

卵のための場所なのに何で?と思われる方も多いかもしれませんが、ドアポケットでの保管は正直あまりおすすめできません。

冷蔵庫の扉を開閉する際、振動が加わり、卵にひびが入ってしまう可能性があるからです。また、扉付近は冷蔵庫の奥と比べると温度変化も激しくなります。これらは菌が繁殖する原因にもなりうるため、ドアポケットでの保管はやめておきましょう。

卵専用フォルダーは利用しないで!

卵入れがドアポケット付近にある場合は、扉の開閉によって温度変化が起こりやすいことや、衝撃により殻にひびが入りやすいとお伝えしました。

しかし、卵入れがドアポケット付近以外のところにある場合も、卵専用フォルダを使うことはあまりおすすめできません。と言うのも、卵専用フォルダを利用する場合、おのずと卵をパックから出さなければならず、卵がむき出しの状態になってしまうからです。

そうなると、衝撃を受けやすくなったり、気孔から細菌が侵入しやすくなってしまいます。卵を保存する際は、購入してきたパックのまま保存するようにしましょう。

卵の尖った方は下にして保存

卵をより長持ちさせる保存方法としては、とがった方を下に向けて保存することが大切です。

卵には、気屋と呼ばれる呼吸するための部屋があります。卵が古くなり、黄身が浮かび上がってきても、この気屋の存在によって、黄身が殻に直接当たるのを防ぎ、長持ちさせることができるのです。

また、卵には、1万個以上の小さな気孔があります。この気孔は外の空気を吸収しているため、ニオイの強いもののそばに保管しておくのはやめましょう

また冷蔵保存する際、まれに水で洗ってから保存する方もいるようですが、洗い流した際の水が気孔から卵の内部に入り込み、細菌を繁殖させてしまう原因にもなります。卵は洗わずに、あくまでも買ってきた状態のまま冷蔵庫で保存しましょう。

新鮮な卵を選ぶには?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【包丁・鍋・レンジ】で簡単に!里芋の皮むき方法を徹底攻略

里芋の皮むきって手間がかかって大変ですよね。ヌメりで滑ったり、手がかゆくなるという方も多いはず。そこで今回は、包丁・鍋・レンジの3つを使った、簡単な皮むき方法を大公開!面倒な皮むきが、これからはスムーズにでき…

具材アイデア総まとめ!オムレツレシピ20選でマンネリ知らずの朝食へ♩

オムレツ レシピ まとめ

多くの家庭で、朝夕問わず食卓に登場するオムレツ。オムレツの具はひき肉だけではありません。ふわふわオムレツ、オープンオムレツ、スペインオムレツ、中華風オムレツなど、レシピをたくさん知っていると楽しいですよ。

箱みかんも長持ち!みかんの上手な保存方法&賞味期限

みかん

食べやすくおいしい果物のみかんですが、箱で大量に購入した際の保存方法はどうしていますか?実がやわらかく傷みやすいみかんの保存はコツをおさえて長持ちさせることができるんですよ。みかんの賞味期限や上手な冷蔵、冷凍…

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

組み合わせ新提案!「納豆うどん」のアレンジレシピ20選

納豆 うどん レシピ キムチ まとめ

つるつるねばねば食感で人気の納豆うどん。もちろんそのままいただいてもとてもおいしいのですが、アレンジは無限大。キムチをプラスしてピリ辛に、卵をいれてまろやかに。そんな色々なアレンジのある納豆うどんのレシピをた…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

髪に良いと言われる食べ物「10選」- いつまでもツヤツヤで美しく!

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

話題の「ハイブリッドスイーツ」まとめ!最後に超最新のレシピも★

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

甘いものが苦手な人におすすめなお菓子5選!プレゼントにも使える♪

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

レインボーカラーのコーンも♡ 観賞用にピッタリな一風変わった野菜まとめ

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

つらいアレルギー症状を軽減!管理栄養士が教える花粉症に効く食品まとめ

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハロウィンだけじゃもったいない!「かぼちゃパン」のレシピ

かぼちゃ パン レシピ まとめ ハロウィン

かぼちゃというとハロウィンのイメージがありますよね。しかし今回は、ハロウィンだけではもったいない、かぼちゃパンのレシピをご紹介!味はもちろん見た目も可愛らしいものを揃えていますので、お子さまがいる場面で出して…

#おしゃレシピ 「秋刀魚のビストロ風蒲焼き」秋の主役おつまみはこれに決まり!

レシピ

旬である秋のうちにたくさん食べておきたい、秋刀魚。今回は、秋刀魚の蒲焼きをビストロ風にアレンジしたレシピをご紹介します。甘辛のバルサミコソースとごぼうが、さんまのおいしさを引き立て、普段とは違う味わいを楽しめ…

シンプルで素朴な味わい!あんころ餅の名店と基本の作り方をご紹介

和菓子

あんころ餅を食べたことはありますか?おはぎにもよく似ていますが、中のお餅は米の粒が残らない状態までついた、もっちもちのお餅でできているんですよ。お土産でも人気で、代表的な地域があるのも特徴です。今回は、あんこ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る