ローディング中

Loading...

食事に欠かせない卵ですが、割ってみたら血が混ざっていた!経験をしたことがある方がいるかもしれません。血の混ざった卵は腐っているのか、食べても大丈夫なのかなど、卵に混じった血の正体についてご紹介します!これまで捨てていた方はぜひ参考に!

卵に血が混じってる!

朝食からお弁当のおかず、お菓子作りなど、私たちの日々の食生活に欠かせない卵。栄養価も高いことから、冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか。

そんな卵ですが、割った際、血のようなものが混ざっていたという経験はありませんか?あれはいったい何なのでしょうか。もし見つけたらその卵は捨てるべき?食べたらどうなる?など、「卵の血」の疑問にお答えします!

あの赤いものの正体は何?

ブラッドスポット

卵に混じった血のようなものの正体は「ブラッドスポット」と呼ばれるものです。これは、その卵自体に問題はなく、食べられます。また、割った卵にブラッドスポットが混ざっていたとしても、味への影響もほとんどありません。では、なぜこのブラッドスポットは混ざってしまうのでしょうか。

なぜ血が混じるのか

ごくまれに血が混ざってしまうのは、鶏の卵管内において、たまごの成形段階で毛細血管に傷がついてしまうことによって起こります。

通常、このブラッドスポットは卵黄に付着しています。鶏の卵巣にはブドウの房状卵胞がいくつもついており、それらには卵黄前駆物質が逐次運ばれてきます。成熟した卵胞は破裂口が裂けて卵黄が排出されます。

通常、破裂口は血管が少なく、排卵時にも出血しにくい構造になっていますが、なかには破裂口に血管がかかっている場合があり、その場合は血管が破れて血液が混入してしまい、ブラッドスポットができてしまうのです。

食べても大丈夫?

先述の通り、このブラッドスポットは食べてしまっても問題はありません。また、ブラッドスポットが混ざっていたからと言って、卵の鮮度が落ちているということもありません。ですが、見た目上、ブラッドスポットが混ざっていとあまりおいしそうではないため、気持ちが悪ければ、取り除いてから食べるとよいですよ。

混じっている可能性は少ない

ブラッドスポットについてご紹介しましたが、これまでこのブラッドスポットに一度も出くわしたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ブラッドスポットがある卵はそれだけで商品価値を下げてしまうため、ブラッドスポットがある卵は「規格外品」で基本的には出荷前にはじかれます。

味や質に問題ないと言われても、やはり見た目上気分のよいものではないですし、できればブラッドスポットのない卵の方がよいですよね。こういった理由から、ブラッドスポットに遭遇する確率は低くなっているのです。

こんなものも!混じっている可能性のあるもの

ブラッドスポットについてご紹介しましたが、実はこの他にも卵に混ざっている可能性があるものをご存じですか。順番に見ていきましょう。

黒い肉片

赤っぽい「ブラッドスポット」に対し、茶色っぽいものを「ミートスポット」と言います。これは、鶏のからだの器官の組織片が混ざってしまったものです。

ミートスポットが入ってしまう原因としては、ブラッドスポット同様、たまごを形成する際、卵管内に何らかの理由で組織片が混入してしまうことが考えられます。

ミートスポットの出現率は有色卵と白色卵で少し異なっています。有色卵では約30%、白色卵では1~3%とかなり低くなります。なぜ有色卵の方が出現率が高いのかはさだかではありませんが、おそらく遺伝的要素が強いとされています。

また、ミートスポットもブラッドスポット同様、ミートスポットが入っていたからといって栄養面や質には問題ありません。十分食べることはできます。ですが、やはり見た目上あまり美しくないという理由から、出荷前にはじかれてしまうことが多いようです。

白いねじれたひも状のもの

卵を割った際、白い糸のようなものが混ざっているのを見たことがありませんか。おそらく、上述のブラッドスポットやミートスポットと比べると、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

これは「カラザ」と呼ばれるもので、卵白の一種です。卵黄を卵の中心部分に固定させ、外部の衝撃から守るという大切な役目を担っています。カラザも食べてしまっても何の悪影響もありません。

新鮮な卵の選び方

「ブラッドスポット」や「ミートスポット」など、食べても問題のないものばかりですが、常備している方も多い卵、毎日体の中に取り入れる食材であれば、やはり新鮮でおいしい卵がよいですよね。購入時により新鮮な卵を選ぶポイントについてご紹介します。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

全初心者に捧ぐ。レンジで簡単「プリン」レシピをプロが伝授!

プリン レシピ おやつ

レンジで作る簡単なめらかプリンの作り方を、製菓衛生師が伝授します。プリンの人気レシピも大集合!レンジやフライパンで簡単に作れるものから、蒸し器やオーブンで作る本格レシピも。抹茶、ココア、はちみつなど、バリエー…

【基本】ハンバーグの作り方をおさらい!肉汁を閉じ込める方法とは?

ハンバーグ

肉汁たっぷりなハンバーグを頬張ると、幸せな気持ちになりますよね。今回は、ハンバーグの基本の作り方を、タネのこね方から成形、焼き方まで細かいポイントもふまえてご紹介します。卵・パン粉なしでもおいしくできるハンバ…

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

次元の違うしあわせ食感♩「卵炒め」をふわとろに仕上げるソムリエ技を大公開

たまご レシピ アレンジレシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、卵炒めをふわとろのしあわせ食感に仕上げるコツを大公開!身近にある食材をプラスして、手軽においしいひと品を♩ササッと作れるアレンジレシピも合わせてご紹介します!

簡単なのに豪華見え!「サーモンマリネ」のレシピをマスターしよう

レシピ

ゴージャスな「サーモンマリネ」は、普段はもちろん、パーティーや特別な日の前菜にピッタリ!とっても簡単に作れるので、もう一品付け足したいというときにもおすすめなんですよ。今回は、サーモンマリネの基本レシピや、人…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

自分や家族の健康を守ろう!安全な着色料まとめ

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

冷凍&解凍法も!コストコ「ディナーロール」のアレンジレシピまとめ

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

知っておくと便利!和食料理の基本「5」選

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

違いがわかるオトナへ…「かぼちゃガレット」で秋の夜長をお楽しみください

かぼちゃ ガレット レシピ おつまみ

かぼちゃとアンチョビを合わせてガレットを作りました。カリカリに焼いた表面とかぼちゃの香ばしさ、アンチョビの塩気が混じって、お酒が進むおつまみです。定番メニューとは差がつく、おしゃれなかぼちゃレシピをレパートリ…

連載記事

サンクスで人気の「濃厚焼きチーズタルト」がファミマでも発売!違いはあるの?

3日間で100万個を突破した記録を持つサンクスのオリジナルデザート「濃厚焼きチーズタルト」が、ファミリーマートで発売されるようになりました。商品名と価格は同じですが、味は変わってしまったのか?食べ比べてみまし…

静岡土産の新定番!「うなぎボーン」は味も見た目もインパクト特大

静岡 おつまみ お菓子

思わず2度見してしまうほどスゴイ見た目の「うなぎボーン」。静岡県のお土産として新たな定番になりつつあるこの商品が、食べ過ぎてしまうほどクセになると評判です。人を惹きつける魅力が果たしてどこにあるのか……、今回…

ページTOPに戻る