真っ黒がおいしさの秘訣。絶品「バスクチーズケーキ」の作り方

一度見たら忘れられそうにないインパクト大な“真っ黒チーズケーキ”、その名も「バスクチーズケーキ」!この記事では、そんなバスクチーズケーキの簡単な作り方と、上手に作るポイントをご紹介します。ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

“真っ黒”がチャームポイント♪

“真っ黒”がチャームポイント♪

Photo by akiharahetta

「こんなに焦げていいの!?」と思わず心配になってしまう『バスクチーズケーキ』。この真っ黒な部分のおかげで、カラメルの香ばしさと苦味がケーキ全体にいきわたり、濃厚なチーズがバランスよく引き立っているんです♪

作り方は「材料を混ぜて焼くだけ」!とっても簡単なので、ぜひ挑戦してくださいね。

おいしい「バスクチーズケーキ」の作り方

おいしい「バスクチーズケーキ」の作り方

Photo by akiharahetta

材料(15cm丸形)

・クリームチーズ……300g
・生クリーム……200cc
・砂糖……90g
・薄力粉……大さじ1杯
・卵……3個

※クリームチーズと卵は、常温に戻しておいてください。

1. 材料を順に混ぜ合わせていきます。

1. 材料を順に混ぜ合わせていきます。

Photo by akiharahetta

まずはクリームチーズを撹拌します。今回はフードプロセッサーを使っていますが、ホイッパーでも大丈夫です。ここでオーブンを250度に余熱してください。
1. 材料を順に混ぜ合わせていきます。

Photo by akiharahetta

次に砂糖を入れ、溶き卵を数回に分けて混ぜ合わせます。一度に入れると分離してしまい、なめらかな生地になりにくいので注意しましょう。
1. 材料を順に混ぜ合わせていきます。

Photo by akiharahetta

生クリームを入れてしっかり混ぜた合わせたら、小麦粉をふるいにかけます。いっぺんに小麦粉を入れるとダマになってしまうので、必ずふるいにかけるようにしましょう。

2. 型の準備をします。

2. 型の準備をします。

Photo by akiharahetta

型を準備します。生地を焼くと高さが出るので、オーブンシートは15cmの型より少し大きめにカットしましょう。カットができたらオーブンシートを水で濡らし、一度くしゃくしゃに丸めて型に敷いてください。

3. 生地を型に流し込んで焼きましょう。

3. 生地を型に流し込んで焼きましょう。

Photo by akiharahetta

余熱しておいた250度のオーブンで25分焼きます。そのあと、そのまま10分オーブン内で放置してください。

もし焼き足りなければ、再度250度で5分~10分焼いてみてください。焦げた香りがしたら、できあがりのサインです!

4. できあがり!

4. できあがり!

Photo by akiharahetta

ばっちり焦げましたね。大成功です!焼きたてはとてもやわらかく、オーブンから天板を取り出すときフルフルと揺れます。焼く前に比べると、かなり膨らみもありますね。
4. できあがり!

Photo by akiharahetta

粗熱が取れた状態です。少し高さがなくなり落ち着きました。この状態でカットすると、中心はトロトロ♪ ひと晩冷蔵庫で冷やしてもおいしいですよ。

コツ・ポイント

大切なのは「オーブンの温度」です。高温で焼き上げることがポイントになるので、調理を始めるタイミングで予熱を初めておきましょう。

焼きたてもおいしい♪ 冷ましても絶品!

焼きたてもおいしい♪ 冷ましても絶品!

Photo by akiharahetta

焼きたてのトロトロ状態も最高においしいですが、ひと晩冷蔵庫で冷やすと生地がしっとりとして、これまた違った味わいを楽しめますよ。ほどよい苦味もあるので、お酒にもよく合います。ぜひ挑戦してくださいね♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

akiharahetta

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう