フランス式サンド「タルティーヌ」とは?シーン別人気レシピ15選

フランス式オープンサンド「タルティーヌ」をご存じですか?スライスしたパンに好きな具材をのせるだけの簡単料理ですが、おしゃれでおいしいと大人気♪ 今回は、普段の献立からおもてなしまで使えるタルティーヌレシピをご紹介します。

2018年11月30日 更新

タルティーヌで食卓を華やかに演出!

タルティーヌとは

タルティーヌとは、スライスしたパンに具材をのせた、フランス生まれのオープンサンドのこと。本場フランスではマクドナルドのメニューに導入されるほど、日常的に食べられている料理です。日本では数年前からベーカリーショップやカフェのメニューに取り入れられ、片手で食べられる手軽さとおしゃれさで徐々に人気を高めています。

名前の由来と作り方

タルティーヌ(tartine)は、バターやジャムをパンに「塗る」という意味を持つ、タルティネ(tartiner)が語源となっています。作り方は、パンに具をのせる以外細かな決まりはありません。バゲット・カンパーニュ・クロワッサン・食パンなど、お家にある好きなパンを使い、野菜・フルーツ・お肉など、気分に合わせた具材を選びましょう。

こんなシーンにおすすめ

ハムやチーズを合わせれば軽食に、肉や魚を使えばメインメニューに、フルーツやチョコレートをのせればデザートにと、具材を変えることでいろいろなシーンに大活躍!盛り付けや色合いを工夫すれば、普段の食卓はもちろん、パーティーやおもてなしにもテーブルの上を華やかに演出してくれます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう