お肉の選び方

おいしいステーキを焼くには、まずお肉の選び方が大事です。部位にまで細かくこだわるならお肉の専門店に行って量り売りしてもらうのが一番ですが、スーパーではなかなかそこまでできませんよね。 スーパーでいいお肉を見分けるコツは、なるべく色鮮やかに見えるものを選ぶこと。脂身の量はお好みでいいですが、白やクリーム色のものを選ぶといいでしょう。 また、スーパーのお肉であっても上等な部位がポンと売られていることがあります。たとえば同じ「フィレ肉」であっても、サイズや形からどのあたりのお肉かを判断して選ぶといいですよ。同じフィレ肉でも部位によってランクが異なるんです。

上手な保存方法

お肉を選んだら、極力温度を保ったまま冷蔵庫まで運ぶことが大事です。スーパーで選ぶときも買い物の最後にお肉を回すようにして、温まって鮮度が落ちることがないような工夫をしましょう。 自宅に帰ったら、冷蔵庫の一番冷たい場所で保存します。チルド保存が基本ですね。

焼く前の準備

焼く前に気を付けなければならないのは、衛生管理です。しっかり焼くウェルダンならあまり心配はありませんが、レアやミディアムレアは中心が生の状態。お肉を扱う器具が不潔だと食中毒になってしまうおそれもあります。 包丁やまな板など、お肉に触れる料理器具は煮沸消毒して事前にしっかり準備をして清潔にしておきましょう。

コツをふまえて!ミディアムレアの焼き方

材料(1人分)

・ステーキ用肉……1枚 ・塩胡椒……少々 ・ステーキソース……※お好みで用意

焼き方

1. まず、冷蔵庫で保存しておいたお肉を出し、常温で30分程度置いておきましょう。いきなり冷たいまま焼くのはNGです。冷凍庫で保存していた場合は冷蔵庫でしっかり解凍してから常温に戻して使用します。 2. お肉が常温に戻ったら、焼く前に塩胡椒をしておきます。 3. 片面を強火で1分程度焼いたら弱火にしてさらに1分焼き目をつけます。 4. お肉を裏返して強火で30秒焼き、また弱火にして1分から2分程度焼きましょう。
Photos:7枚
黒い丸皿に盛り付けたミディアムレアのカットステーキ
カッティングボードに並んだ表面に焼き目のついたステーキ肉
表面に火が通り中が赤身のステーキ
焼き目が強く、全体にピンクがかった断面のステーキ肉
中心がピンクがかったよく焼けたステーキをフォークでとる
カッティングボードに並んだよく焼けたステーキ肉
しっかり焼けたステーキ肉
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ