ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

お正月に欠かせない「お雑煮」の謎を探る!

お正月料理に欠かせない「お雑煮」。実はお出汁やお餅の形、中に入れる具材には日本全国特色があるんです。お雑煮の文化を知ることで今まで知らなかった新しい世界が見えてくるかも!今回は知っているだけでちょっと得するお雑煮に関する豆知識をご紹介します。

そもそもお雑煮ってどんな食べ物?

お雑煮の歴史は古く、優雅なイメージがある室町時代から食べられていたようです。当時からお餅は儀式やお祭りごとがある「ハレの日」に食べる食材でした。 お正月にはお餅と前の年に収穫した大根や人参、里芋を入れ、新年はじめに井戸や川からとった「若水」と新年はじめに炊いた火で炊き上げます。このお雑煮をお正月の神様である「年神様」にお供えするのが昔からの習慣でした。 一年の豊作と豊漁、そして家族全員の健康を祈願して作ったお正月料理が「お雑煮」なんです。ちなみに「お雑煮」という名前の語源は「煮混ぜ」、つまりいろいろなものを煮込んだ料理という意味合いがあります。

日本各地で異なるお雑煮文化とは

関東のお雑煮はさっぱりとした「おすまし仕立て」

関東地方のお雑煮はかつお節風味のすまし汁が主流です。元旦の朝、台所から流れてくるかつお節のいい香りが好きな方も多いはず。すっきりとした味付けなので、幼いお子様からお年寄りの方まで幅広く親しまれています。

関東のお雑煮で欠かせない具材

関東のお雑煮で欠かせない具材といえば「鶏肉」と「小松菜」です。実はこの具材の組み合わせには深い意味が込められています。武家社会の強い江戸では「菜」と「鶏」をかけて「名取り」、つまり社会的地位の上昇を意味する立身出世を願いました。 関東のお雑煮に入っているお餅は四角い形の角餅が主流です。実はお餅も関東と関西で形が違います。関東で使われるお餅は「敵をのす」つまり「相手を倒す」という意味合いから、のしもちを切った角餅が多く使われています。

関西のお雑煮はコクのある「白味噌仕立て」

関西地方では昆布でお出汁をとった白味噌風味のお雑煮が親しまれています。甘みとコクのバランスの相性が抜群の白味噌は、もっちりとしたお餅にぴったり。寒いお正月に心も体も温まることができるひと品です。

関西のお雑煮に欠かせない具材とは

関西地方のお雑煮に欠かせない具材と言えば里芋の親芋である「頭芋」です。里芋は親芋から子芋、孫芋といった風に順番に子孫を増やしていくお野菜です。お雑煮の中に入れる「頭芋」には「人の頭になって過ごせますように」という出世の意味が込められています。 関西地方のお餅は関東の角餅でなく、まるい形の「丸餅」です。ひとつずつ手作業で丸める丸餅は手間がかかりますが、そのお餅には夫婦円満の意味が込められています。
Photos:4枚
関東風おすましのお雑煮
根菜がおいしい白味噌仕立てのお雑煮
器の中の奈良のきなこ雑煮
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS