【炒めもの】タイごはんの人気レシピ3選

7. シャキッと食感!パックブンファイデーン

シャキシャキの食感が心地よく、ごはんだけでなくビールもすすむひと皿です。食感が大切なお料理なので、強火で手早く仕上げるのがポイント!調味料は事前に合わせておくのがいいですよ。にんにくは焦がさないように注意してくださいね。

8. 牛肉と炒めて。青パパイヤの辛炒め

青パパイヤというとタイ料理ではソムタムというサラダに使われ、生で食べることが多いですが、炒めて食べることもできます。こちらはナンプラーやにんにくで下味を付けた牛肉と青パパイヤを炒め、パクチーやピーナッツをのせています。レモンを絞って食べると、エスニック風な味わいですよ。

9. 人気料理!ワタリガニのカレー炒め「プーパッポンカリー」

ワタリガニのカレー炒め「プーパッポンカリー」です。カレー粉、オイスターソース、チリインオイルで具材を炒め、ココナッツミルクや卵を加えて仕上げます。殻付きのカニを使うと豪華に見えますがむき身だと食べやすいし、エビやイカなどのシーフードのほか、鶏肉で作ってもおいしいですよ。

【焼きもの】タイごはんの人気レシピ3選

10. 下味がしみ込んだ、鶏肉のあぶり焼き「ガイヤーン」

辛いイメージのあるタイ料理ですが、焼き物は基本的に辛さは控えめです。こちらはタイ風の焼き鳥「ガイヤーン」。屋台の人気メニューで、お店によっても少しずつ味わいが違うのだとか。鶏肉にしっかりと味をしみ込ませて焼いているので、そのまま食べられるし、チリソースを付けてもおいしいですよ。

11. ピーナッツソースを付けて。豚肉の串焼き「ムーサテ」

豚肉の串焼き「ムーサテ」。タイ料理のムーサテは、カレー粉とココナッツミルクに漬けた豚肉を串に刺して焼いています。ピーナッツのソースに漬けて食べるのが特徴で、それほど辛くはありませんが甘さや香ばしさもあるひと品。暑い時期のお酒のおつまみにぴったりですよ。

12. 卵とナンプラーで!タイ風の卵焼き「カイジァオ」

タイの卵焼き「カイジァオ」は、レストランや屋台など、どこでも食べられるタイ料理の1つです。たっぷりの油で卵で炒めてふわふわに仕上げています。辛い味がお好きならチリソースで、お子さまならケチャップで食べるのがおすすめ。卵とナンプラーがあれば作れるので、おうちでも簡単にできますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS